ホーム > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > 家庭ごみの分け方・出し方 > 「プラスチック製容器包装」資源物に”注射針・カミソリ・乾電池”をいれないで!!(10月分更新)

ここから本文です。

更新日:2018年11月15日

「プラスチック製容器包装」資源物に”注射針・カミソリ・乾電池”をいれないで!!

「プラスチック製容器包装」資源物の分別について

日頃より、プラスチック製容器包装(以下、プラ製品)の分別にご協力いただきありがとうございます。

あぶくまクリーンセンター資源化工場では、市内の家庭から出るプラ製品の「保管」「手選別」「圧縮梱包処理」を業務として運営しております。

収集開始より10年以上経過していますが、プラ製品にならないものが混入して出されているのが現状です。

このような、プラ製品にならないものを”異物”といいます。

”異物”の中でも特に危険なもの(注射針・カミソリ・乾電池)がよく発見されます。

火災や感染症といった事故につながる恐れがありますので、市民の皆様の分別の徹底をお願いいたします。

なお、施設の現状として手選別過程で発見された異物(禁忌品)の集計の実績をお知らせします。

※分別の詳細については下のリンクをご覧ください。

資源物「プラスチック製容器包装」の分別

禁忌品とその処分について(異物の中でも特に危険なもの)

あぶくまクリーンセンター資源化工場では次の8項目を危険物として取り扱っております

禁忌品種別

種別

想定される事故 処分方法
①注射器・注射針 刺突事故、感染症

医療機関へ返納

②カミソリ(T字カミソリ等) 切創事故、感染症

不燃ごみ
(刃の部分をむき出しにしないこと)

③乾電池 火災事故 不燃ごみ
④ライター 火災事故

不燃ごみ
(燃料・ガスを抜くこと)

⑤スプレー缶(カセットボンベ) 火災事故、爆発事故

不燃ごみ
(使い切った後、穴を2か所以上開けること)

⑥刺さるもの全般
(釘、ねじ、画鋲、安全ピン等)

刺突事故

不燃ごみ

⑦刃物全般(ハサミ、ピーラー、爪切り等) 切創事故

不燃ごみ
(包丁等の刃物はむき出しにしないこと)

⑧その他不適物(石等)

平成30年度 手選別集計表

 過去の手選別集計総括表

プラ製品についてもっと知りたい方へ

福島市は、プラ製品の契約先となる「公益財団法人 日本容器包装リサイクル協会」の指導に基づき分別や処理を取り決めております。

分別の重要さ、自治体との契約の関係性などをわかりやすく知ることができますので、ぜひご覧ください。

以下、日本容器包装リサイクル協会へのリンク

日本容器包装リサイクル協会(トップページ)(外部サイトへリンク)

プラスチック製容器包装に危険な異物を混ぜないで! ~禁忌品混入防止のお願い~(動画)(外部サイトへリンク)

プラスチック製容器包装 ベール品質とは?(動画)(外部サイトへリンク)

↓容リ協トップページ

 容リ協トップページ(外部サイトへリンク)



 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

環境部あぶくまクリーンセンター施設係

福島市渡利字梅ノ木畑1番地の1

電話番号:024-531-6662

ファックス:024-531-6662

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?