ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

3.福島河岸

福島河岸

荷物の積み下ろしをする船着場を河岸(かし)と呼び、阿武隈川舟運の起点にあたる福島河岸は、福島城の西南に位置していた。幕府の年貢米を貯蔵する「御城米蔵」や福島藩・米沢藩の「米蔵」などがあった。

現在の御倉邸付近に福島河岸があり、今もその名残の船着場がある。

前へ次へ

散策マップへ

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部文化スポーツ振興室 文化振興課文化財係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?