ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

現代ふくしまの代表的作曲家 古関裕而

福島市大町に生まれ、昭和5(1930)年日本コロムビアに入社、以来「暁(あかつき)に祈る」「露営の歌」などを作曲し、戦後は「長崎の鐘」「高原列車は行く」などの歌謡曲、「鐘の鳴る丘」「君の名は」などのラジオドラマ主題歌で一世を風靡しました。また、作曲作品は5,000曲にもおよびスポーツ、歌謡曲、映画、校歌、社歌など多岐にわたっています。昭和44(1969)年紫綬褒章受章。昭和54(1979)年福島市名誉市民となりその功績が称えられています。

古関裕而記念館

古関裕而氏の偉業を称え、昭和63(1988)年に開設されました。書斎を再現したり、レコード、スケッチ画など古関氏にゆかりの品が多く展示されています。

古関裕而記念館
-所在地 福島市入江町-

古関裕而記念館(JPG:131KB)

前へ

略年表

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部文化スポーツ振興室 文化振興課文化財係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?