ホーム > イベントカレンダー > 東北の民俗芸能「鮭川歌舞伎」

ここから本文です。

更新日:2018年8月22日

東北の民俗芸能「鮭川歌舞伎」

山形県指定無形民俗文化財「鮭川歌舞伎」公演(『「義経千本櫻」伏見稲荷鳥居前の場』)のほか、福島市内の子供たちによる日本舞踊や民謡の公演を行います。

二人

全体

今回公演予定の演目の写真

一人

開催・募集日時

  • 2018年9月30日(日曜日)

開催場所

名称

旧廣瀬座(福島市民家園内)

住所

福島市上名倉字大石前地内

電話番号

024-593-5249

ファクス番号

024-593-5249

募集人数

210名(先着順)

費用

2,000円(全席自由)

申込方法

チケット販売中/ローソン、ミニストップ、チケットぴあ、中合福島店、とうほう・みんなの文化センター(県文化センター)、あづま総合体育館、福島市民家園

主催者情報

旧広瀬座事業実行委員会(事務局 文化課内)

内容

(1)鮭川歌舞伎とは・・・
かつて山形県最上地域には各地に地芝居(歌舞伎)があり、鮭川村の鎮守の祭りには盛んに演じられていました。
鮭川村の歌舞伎の歴史は、江戸時代の後期まで遡ります。当時巡業してきた歌舞伎一座が村人に伝えたことが始まりと言われており、鮭川村の石名坂、京塚、上大渕、川口に歌舞伎一座がありました。
しかし農村社会の変化に伴い、昭和30年代には歌舞伎の活気も失われ、存続の危機を迎えました。こうした中、昭和46年に四地区の歌舞伎を合併し「鮭川歌舞伎保存会」を結成、鮭川村の歌舞伎を保存・振興していく方針が打ち出されました。
平成18年には山形県指定の無形民俗文化財に指定され、県外での公演経験を数多く持ち、近年では多くの若者が演者として活躍しています。


(2)開演
 午後1時30分~

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局文化課文化財係

福島県福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?