ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 遺跡 > しゃがむ土偶(国重要文化財)とは > 「しゃがむ土偶」の出発式を行いました!

ここから本文です。

更新日:2019年7月16日

「しゃがむ土偶」の出発式を行いました!

2019年6月26日、じょーもぴあ宮畑で国重要文化財「しゃがむ土偶」のレプリカ製作のための出発式を行いました。

レプリカ製作について詳しくはこちら

 

当日の様子

1.展示ケースからの取り出し

土偶取り出し

ガラスケースを外し、市職員が丁寧に取り出します。傷がつかないよう、時計や指輪は外します。

2.梱包

 

土偶梱包

株式会社吉田生物研究所のスタッフが、しゃがむ土偶に傷がないか等の確認を念入りに行った後、和紙と脱脂綿で丁寧に梱包します。

 

土偶箱入れ

梱包後の「しゃがむ土偶」は専用の箱へ収納されました。

 

3.搬送

土偶搬出

当日、じょーもぴあ宮畑に見学学習で訪れていた飯坂小学校の6年生の皆さんにもお見送りしてもらいました!

ありがとうございました。

 

こうしてしゃがむ土偶は京都へ旅立って行きました。

「しゃがむ土偶」が京都にいる間、じょーもぴあ宮畑では以前制作したレプリカを展示しています。

本物のしゃがむ土偶は、来春(1月頃)には、レプリカ2体とともに帰ってきます。

レプリカは「さわれる土偶」として、みなさんに身近に感じてもらえるよう活用していく予定ですので、ぜひじょーもぴあ宮畑にお越しくださいね!

旧レプリカ

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部文化スポーツ振興室 文化振興課埋蔵文化財係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?