ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

宮畑遺跡の縄文むら

宮畑遺跡では、今から4500から4000年前(中期(ちゅうき))、4000から3000年前(後期(こうき))、それに3000から2500年前(晩期(ばんき))にむらが作られました。これらのむらは、同じむらが2000年間続(つづ)いたのではなく4500から4000年前(中期)のむらで生活していた人がむらを離(はな)れた後に、他の場所から来た人が宮畑の地に移(うつ)り住みむらを作りました。

宮畑縄文中期のむら(約4500から4000年前)

宮畑縄文中期のむらのイメージ画像

宮畑縄文後期のむら(約4000から3000年前)

宮畑縄文後期のむらのイメージ画像

宮畑縄文晩期のむら(約3000から2500年前)

宮畑縄文晩期のむらのイメージ画像

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部文化スポーツ振興室 文化振興課埋蔵文化財係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?