ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

史跡宮畑遺跡 -最近の調査成果から-

宮畑遺跡では、3時期の縄文むらが営まれていました。約4,500年から4,000年前の縄文時代中期のむら、約4,000年から3,000年前の縄文時代後期のむら、約3,000年から2,500年前の縄文時代晩期のむら。宮畑遺跡は、全国的にも大変貴重な縄文むらであることから、平成15年8月27日に文部科学省より史跡に指定されました。
平成16年度からは、宮畑遺跡のむらの様子をさらに詳しく調べるための発掘調査を実施しました。約4,000年から3,800年前頃の埋め立て工事の様子、宮畑縄文むらに暮らした人々の食べ物、遠いむらとの交流などの様子などが新たに明らかになりました。
このパンフレットは、平成16年度からの発掘調査で新たにわかったことを中心に、宮畑遺跡について紹介しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部文化スポーツ振興室 文化振興課埋蔵文化財係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?