ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

土冠・石刀・石剣・石棒・岩版

石刀の写真

石刀が見つかったようす

完全な形ではありません。しかも火で焼かれた部分もあります。おまつりの時に焼いたのでしょうか
(長さ26.3センチメートル)

石刀・石剣の写真

宮畑縄文むらでは十数点の石刀・石剣が見つかっています。全て完全な形でなく、宮畑縄文人はどうもある長さに折ったようですね。

石棒の写真

見つかった石棒

完全な形では見つかりませんでした。(長さ9.5センチメートル)市内の愛宕原遺跡-あたごはらいせき-(荒井)では、今から約4000年前の家から長さ57.2センチメートル、太さ9.3センチメートルの大きな石棒が見つかっています。

石棒が見つかったようすの写真

石棒(いしぼう)が見つかったようす

岩版の写真

見つかった岩版(がんばん)

実際に見ると、不思議な魅力を感じる道具です。きっと宮畑縄文人も大切にしたんでしょうね。
(左:長さ11センチメートル、右:長さ5.9センチメートル)

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部文化スポーツ振興室 文化振興課埋蔵文化財係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?