ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

ドーナツの形をしたむら

掘立柱建物(ほったてばしらたてもの)と呼ばれる建物が、ドーナツの形に並んでいるのが縄文時代晩期の宮畑縄文むらです。

直径が90センチメートルの大きな柱を使った掘立柱建物もドーナツに並んだ建物のひとつです。

掘立柱建物は、家という考えと倉庫(そうこ)、あるいはまつりなどに使われた特別な建物という考えがあります。

宮畑縄文むらの掘立柱建物は、家や倉庫やおまつりに使われた建物が集まってドーナツに並んでいたのかもしれません。

むらの中心では、家や建物などが発見されていません。

おまつりや作業をするむらの広場だったと考えられます。

このように、ドーナツ形に掘立柱建物が並ぶ縄文晩期のむらは、全国でもあまり発見されていません。

宮畑縄文むらは縄文のむらを考える上で貴重(きちょう)なむらです。

晩期の宮畑縄文むらでは、たくさんの埋甕(うめがめ)というこどもの墓が発見されています。

埋甕は、古い埋甕を壊して新しい埋甕を埋め、十個以上の埋甕がまとまっている場所が何ヵ所もあります。

ドーナツ形に並んだ掘立柱建物の外側に埋甕はあります。

縄文晩期のむらの中で、こどもの墓はむらの中の決められた場所にあったようです。

縄文むらでは、多くのこどもが成人前に死んだのではないかといわれています。

現在のように、病院がなかった時代には、大人まで成長することが難しかったといえます。

ドーナツ形の南側にある掘立柱建物跡(ほったてばしらたてものあと)

ロープで結んだ4つの穴が建物の柱を埋めた穴です。ロープが重なり合っているので、何回か立て直されていることがわかります。

掘立柱建物跡の写真

掘立柱建物跡の近くで見つかった埋甕群

黄色の”はし”が立っているところが埋甕(うめがめ)です。上記写真の掘立柱建物跡のすぐそばで見つかりました。古い埋甕を壊して埋めた埋甕もあります。

埋甕群の写真

埋甕が埋まっているようす

埋甕が埋まっているの写真

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部文化スポーツ振興室 文化振興課埋蔵文化財係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?