ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

焼けたわけ

屋根(やね)に土をのせた家は、土があるために外から火をつけても燃えません。

また、家の中は湿気(しっけ)があり、いろりで火を焚(た)いても屋根が燃えることはありません。

多くの木を家の中において火をつけるなど、わざと家を燃(も)やさないと、燃えないことが実験でわかっています。

宮畑縄文中期のむらの家は、わざと焼かれたと考えられます。

それではなぜ多くの家を焼いたのでしょう。

その理由として、悪い病気で人が死んだ場合に他の人にうつらないようにする、むらの中の特別な人が死んだ場合に焼くなどが考えられますが、その原因はよくわかっていません。

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部文化スポーツ振興室 文化振興課埋蔵文化財係

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?