ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

宮畑縄文むらの川

宮畑縄文むらの北側では縄文時代の川が発見されています。

川からは土器のかけらや木が発見されましたが、縄文人が食べた木の実も残っていました。

クリやトチノミ、クルミです。

これらの木の実は、自然の状態ではできない割(わ)れ方をしているために、縄文人が食べたと考えられます。

縄文人にとっては、逃げない食べ物である木の実が貴重(きちょうな)な食べ物であったのしょう。

そして、木の実をたくわえる場所がむらのどこかにあり、保存食(ほぞんしょく)なども作られたのかもしれません。

北側で見つかった川のあと

縄文時代のものと考えられる川が、むらの北側で見つかっています。木の枝や土器などが流されていたことがわかります。クリやトチノミなども見つかりました。

川のあとの写真

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部文化スポーツ振興室 文化振興課埋蔵文化財係

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?