ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 遺跡 > 国重要文化財の「しゃがむ土偶」 東京&パリへ行く!!

ここから本文です。

更新日:2018年6月1日

「しゃがむ土偶」東京&パリへ行く!

国重要文化財「上岡遺跡出土土偶」が東京国立博物館とフランスで展示されます 

 この夏、福島市の所有する「しゃがむ土偶」(じょーもぴあ宮畑で常設展示中)が、上野の東京国立博物館で開催される特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」とフランスのパリで開催される「ジャポニスム2018ー特別展『縄文』」に出展することが決まりました!
この展示は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けて、日本文化の源流である縄文の美と文化を広く紹介することを目的に開催されるもので、国宝の火焔型土器や土偶と共に、福島市の「しゃがむ土偶」が展示されます。
縄文時代の国宝全6点が一堂に会する展示は初めてです。貴重な機会ですので、お近くにお立ち寄りの際は、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。
※特別展出展のため、平成30年6月から平成31年1月まで、じょーもぴあ宮畑ではレプリカを展示します。
上岡土偶の画像
資料名称:しゃがむ土偶(正式名称:国重要文化財 土偶 上岡遺跡出土)

 

平成30年度東京国立博物館特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」

トーハク特別展チラシ

会期

平成30年7月3日(火曜日)から平成30年9月2日(日曜日)まで

場所

東京国立博物館平成館特別展示室
(東京都台東区上野公園13-9)

内容

「縄文の美」をテーマに、縄文時代草創期から晩期まで、日本列島各地で育まれた優品を一堂に集め、その形に込められた人々の技や思いに迫ります。
詳しくは東京国立博物館特設ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

主催

東京国立博物館
NHK
NHKプロモーション
朝日新聞社

 

ジャポニスム2018(日仏友好160周年記念事業)『特別展縄文(仮称)』

会期

平成30年10月17日(水曜日)から平成30年12月8日(土曜日)まで

場所

パリ日本文化会館(外部サイトへリンク)

内容

 

日仏政府間合意の「ジャポニスム2018」(日仏友好160周年記念事業)の日本文化紹介事業の一環。

詳しくは「縄文」展ジャポニスム2018(外部サイトへリンク)をご覧ください。

 

主催

東京国立博物館
文化庁

国際交流基金

 

過去の経過

1964年東京オリンピック特別展でも展示!

 

「しゃがむ土偶」は、1964年の東京オリンピック期間中に東京国立博物館で行われた特別展でも展示されました(当時は福島県指定重要文化財)。
1964年と2020年東京オリンピック。両方の東京五輪の特別展で展示されることになります。

展示会

オリンピック東京大会「日本古美術展」

会期

1964年10月2日~11月10日

会場

東京国立博物館

 

2009年イギリス大英博物館でも展示!

2009年にはイギリスの大英博物館でも展示されています。
大英博物館のDOGU展には8万人。その後の東京国立博物館での里帰り展は12万人が訪れました。

展示会

「The Power of Dogu」Ceramic figures from ancient Japan

会期

2009年9月10日~11月22日

会場

大英博物館

 

 

2度の東京オリンピック特別展と海外の特別展。日本の最高傑作の集う展示会で、福島市の代表としてしゃがむ土偶が展示されるのは大変光栄なことです。
今回も、全国そして全世界に向けて福島の魅力を発信してくれるのではないでしょうか!

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局文化課埋蔵文化財係

福島県福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?