ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 芸術文化 > 古関裕而・金子夫妻をモデルとしたNHK朝の連続テレビ小説が2020年前期に放映されます!

ここから本文です。

更新日:2019年3月1日

古関裕而・金子夫妻をモデルとしたNHK朝の連続テレビ小説が2020年前期に放映されます!

 裕而と金子

 福島市は、福島商工会議所青年部などと「古関裕而・金子夫妻NHK朝の連続テレビ小説実現協議会」を立ち上げ、福島市出身で唯一の名誉市民である作曲家・古関裕而氏とその妻・金子氏を主人公としたNHK朝の連続テレビ小説を、東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年の前期に放映いただけるよう、金子氏の故郷である愛知県豊橋市と共同で、さまざまな取組みを行ってまいりました。

 平成31年2月28日、NHKより、2020年の前期に古関裕而・金子夫妻をモデルとしたNHK朝の連続テレビ小説「エール」を放映するとの発表がありました。主演である古関裕而氏(役柄名は古山裕一)の役は俳優の窪田正孝さんで、脚本は「コードブルー~ドクターヘリ緊急救命~1,2」などを手掛けた林宏司さんです。

市長コメント

 本日、本市名誉市民の古関裕而・金子ご夫妻をモデルとした夫婦の物語がNHK朝の連続テレビ小説に決定したとの一報を受け、大変嬉しく思います。放映がとても楽しみです。
 市民の皆さまをはじめ、金子さんのふるさと豊橋市など、朝ドラ実現に向けご協力いただきましたすべての皆さまに心から感謝申し上げます。   
 古関裕而氏作曲の歌が、激動の昭和で人々に明るいエールを送り、今も歌い親しまれているからこそ実現を見たものと、あらためて誇りに思います。
 これを契機として、古関氏を生んだまちとして、音楽によるまちづくりに一層取り組んでまいりたいと考えております。

福島市長 木幡 浩

関連ページ

これまでの朝ドラ実現に向けた取組みについて

福島市名誉市民・古関裕而氏について

 

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局文化課文化振興係

福島県福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?