ホーム > 子育て・教育 > 生涯学習・社会教育 > 学校支援 > 私たちは地域の学校応援団 福島市学校支援地域本部事業(H30年1月~3月情報)

ここから本文です。

更新日:2018年3月28日

私たちは地域の学校応援団                        福島市学校支援地域本部事業(H30年1月~3月情報)

福島第三中学校 〖総合:社会人に学ぶ会(キャリア教育)〗

 福島第三中学校では、1年生の職業学習のまとめとして生徒の興味・関心の高い分野の職業に就いている方々を招き「社会人に学ぶ会」の授業を行いました。ファッションデザイナー、パン職人、美容師、保育士など11名の社会人が「現在の仕事を選んだきっかけ」「仕事のやりがい」などの中学生の質問に答えてくれました。生徒たちは2年生になると職場体験活動が予定されているので、とても真剣な表情で話を聞いていました。   (H30/1/16 コーディネート:もちずり学習センター)

 福三中1 福三中2 福三中3

 


北信中学校  〖総合:職業人に聞く会(キャリア教育〗

  北信中学校では、1年生の「職業人に聞く会」の授業が行われました。この授業のねらいは「将来の職業について考える中で正しい職業観や勤労観を育成する」というもので、地域で働く学校支援ボランティアの方々を招きました。当日は理容師や果樹園経営者、歯科衛生士やパティシエなど14名の職業人がこの授業に協力いただき、ワークショップ形式をとりながらそれぞれ仕事の内容や苦労されていることなど丁寧に生徒たちに伝えてくれました。生徒たちはメモをとりながら熱心にボランティアの方々の話に耳を傾けていました。 (H30/1/17 コーディネート:北信学習センター)

                       北信中1  北信中2  


三河台小学校  〖総合:手話/外国語活動〗   

 三河台(手話)

                                                           三河台小学校では3年生の総合の時間に福祉の勉強をしています。今回手話について学習したいということで、ボランティアサークル「ひじり&ハート」の佐藤さんと聴覚障がいのある清野さんが学校支援ボランティアとして授業に参加してくれました。子どもたちは簡単な手話を学んだあとグループを編成しゲーム形式で楽しみながらも「聞こえないとは・・・?」や「伝えることの難しさ」などを学びました。子どもたちとボランティアの方との交流から生まれるそれぞれの素晴らしい笑顔が印象的な授業でした。                                         (H30/1/17 コーディネート:三河台学習センター)

                                                          三河台(外国語)

  4年生の外国語活動には地元の英語サークルの方が支援に来てくれました。カードを使い「うれしい・悲しい・腹が減った」などの表現を英語でチャレンジするグループ学習では、子どもたちも大変興味を持ち楽しそうに学習することができました。                                   (H30/2/20 コーディネート:三河台学習センター)              

 

 

渡利小学校   〖生活科:むかしあそび〗

       渡利小(生活1)   渡利小(生活02)

 渡利小1年生の生活科「昔遊び」の授業に、渡利グレートアカデミーの方々が学校支援ボランティアとして授業に参加してくれました。「昔遊びチャレンジタイム」では、子どもたちがボランティアの方々と一緒にこま、おはじき、けん玉、たけとんぼ、羽根つきなどの昔遊びを体験することができました。しばらくぶりに学校に来た方々ばかりで、可愛いこども達との交流を心から喜んでいました。      (H30/1/27 コーディネート:渡利学習センター)

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局生涯学習課生涯学習係

福島県福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3783

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?