ホーム > 子育て・教育 > 生涯学習・社会教育 > 学校支援 > 私たちは地域の学校応援団 福島市学校支援地域本部事業(H30年11月~12月情報)

ここから本文です。

更新日:2018年12月13日

私たちは地域の学校応援団                      福島市学校支援地域本部事業(H30年11月~12月情報)

福島第二小学校【6年総合:歴史文化調査隊】

 

   福島第二小学校6年生の総合の単元「歴史文化調査隊」では、二つのグループに分かれ信夫山と飯坂地区のフィールドワークを行いました。信夫山のグループにはふくしま県歴史の案内人の紺野義行さん、飯坂のグループには飯坂町史跡保存会の小柴俊男さんが学校支援ボランティアとして子どもたちに詳しくそれぞれの歴史を説明してくれました。信仰と修行の地である信夫山の神社と史跡、市の文化財や遺産が数多く残る飯坂地区、子どもたちはこのフィールドワークにより、福島の歴史についてたくさんのことを学びました。

                

        福二小(信夫山)    福二小 飯坂         

                                     (11月5日コーディネート:中央学習センター)      

 瀬上小学校【1年生活科:むかしあそびめいじん】

 

   瀬上小学校の1年生は、生活科「むかしあそびめいじん」という学習で、瀬上長寿会(新井吉正会長)の方々を招いていろいろな昔遊びを体験しました。当日は土曜授業の中で行われたもので、子どもたちは「お手玉、けん玉、こま、おはじき、あやとり、めんこ」などの遊びを通して地区の方々との交流が深まりました。子どもたちは初めて体験する遊びに興味津々で、あっという間に時間が過ぎてしまいました。                    

    瀬上小1    瀬上小2              

                                 (11月17日 コーディネート:北信学習センター)   

三河台小【6年社会:戦争体験の話を聞く】            

  

  三河台小学校の6年生社会科の授業では戦争体験を話してくださる2名の学校支援ボランティアの方をお招きしました。菅野定雄さん(93歳)、斎藤次郎さん(94歳)それぞれから、小学校の入学前から戦争が始まっていてすべてが戦争一色であったことや軍需工場で働いたこと、飛行機に乗る訓練をしていたこと、死を覚悟したことなど過酷な体験の話がありました。けっして戦争を起こしてはならないというお二人からのメッセージを子どもたちはしっかりと心に受け止めたことでしょう。   

     三河台(戦争語り1)   三河台(戦争語り2)

                             (11月17日 コーディネート:三河台学習センター)

水原小学校 【5・6年生:音楽 ことに親しもう】

  

   水原小5・6年生の音楽の時間に、学校支援ボランティアの佐藤ひろみさんを招いて「こと」の演奏体験を行いました。5年音楽「ことに親しもう」6年音楽「日本の楽器 こと」という2つの題材を合わせての授業で、楽器の特徴・名称を習った後【さくらさくら】の演奏に挑戦しました。20年近く学校現場で和楽器の指導をされていた佐藤さんの指導はていねいで分かりやすく、一人一人があっという間に演奏のコツをつかみ、授業の最後には全員での合同演奏ができるまでになりました。指導の佐藤さんも子どもたちの上達の速さに驚いていました。使用した琴は松陵中学校から借用することができました。

       koto01      koto03

                                                                                           (12月4日 コーディネート:松川学習センター)

 

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局生涯学習課生涯学習係

福島県福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3783

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?