ホーム > 市政情報 > 福島市議会 > 請願・陳情 > 請願・陳情の方法 -提出期限のお知らせ(平成30年6月定例会議審査分)-

ここから本文です。

更新日:2018年3月27日

請願・陳情の方法-提出期限のお知らせ(平成30年6月定例会議審査分)

請願・陳情のご案内

市民は市政についての自分たちの意思や要望を、直接文書で市議会へ提出できます。請願については、議員の紹介を必要としますが、陳情はその必要がありません。
提出された請願・陳情は通常、委員会で審査され、その後本会議において採択、不採択、継続審査を決定し、その結果などを提出者(複数の場合は代表者)にお知らせします。
なお、提出方法などについて、さらに詳しくお知りになりたいときは議会事務局へおたずねください。

請願・陳情の審査

提出された請願・陳情は、年4回開催される定例会議(9月、12月、3月、6月)で審査します。

各定例会議の提出期限までに提出されたものはその定例会議で審査しますが、期限以降に提出されたものは次回の定例会議での審査となります。

請願・陳情の提出期限(平成30年6月定例会議審査分)

平成30年6月定例会議で審査される請願・陳情の提出期限は、平成30年6月4日(月曜日)午前11時です。

  • 会議日程の変更に伴い、上記の提出期限が変更になる場合があります。
  • 提出予定の方は、お早めに議会事務局へご相談ください。

請願・陳情の書式例

請願・陳情の書式例画像
※陳情の場合、紹介議員の署名は、いりません

記載上の注意

  1. 提出年月日及び住所、氏名の記載と押印が必要です。
  2. 法人・団体は、住所とその名称および代表者氏名の記載と押印が必要です。
  3. 内容が2項目以上にわたるときは、なるべく1項目ごとに提出してください。
  4. 縦書きの書式で作成しての提出も可能です。

審議結果等のお知らせについて

議会へ提出された請願・陳情の審議結果については、提出者(複数の場合は代表者)にお知らせしますが、その通知に記載している用語の意味は下表のとおりです。

用語一覧
用語 用語の意味
採択 請願・陳情の内容について、議会として賛同することをいいます。
不採択 請願・陳情の内容について、議会として賛同しないことをいいます。
継続審査 9月、12月、3月、6月に開催される定例会議の日程において請願・陳情の
審査を終了することが困難な場合に、議会の議決により定例会議期間後も
引き続き委員会で審査・調査をおこなうことをいいます。
議長限り 陳情のうち、本会議に付されず議長手元で処理することをいいます。詳しくは、
下記の「議長限りの陳情について」をご覧ください。

議長限りの陳情について

陳情のうち、次の1から5に該当するものについては、議長限りとして取り扱います。

議長限りとした陳情は、議長手元で処理し、会議に付されません(委員会での審査をおこないません)。なお、議長限りとした場合は、その旨を提出者(複数の場合は代表者)にお知らせします。

  1. 市外にお住まいのかたから郵送で提出されたもの
  2. 市が所管する事務でないもの(意見書の提出を求めるものを除く)
  3. 市が計画にのせているもので、施行年次の促進を要望するもの
  4. 施設の新設、増改築を要望するもの
  5. その他、議会が意思表示するものではない、または、すべきではないと議会運営委員会が決定したもの

このページに関するお問い合わせ先

議会事務局議事調査課調査係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3776

ファックス:024-534-2520

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?