ホーム > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > 施策・計画・調査 > 年度別 ごみの排出量と処理経費

ここから本文です。

更新日:2019年1月22日

年度別 ごみの排出量と処理経費

年度別ごみの総排出量

平成25年度以降の年度別ごみの総排出量です。
年々増加していたごみの量は、平成29年度は平成28年度と比べて2,349トン減少しました。
平成29年度は平成28年度と比べて全種類減少しています。

年度別ごみの総排出量
  平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
可燃ごみ 111,302トン 113,556トン

115,602トン

110,034トン

108,270トン
粗大ごみ 1,077トン 1,082トン 1,114トン 1,074トン 1,069トン
不燃ごみ 7,550トン 6,935トン 6,953トン 6,252トン 6,184トン
資源物 11,315トン 11,060トン 10,875トン 10,025トン 9,513トン
小型家電※ 0トン 13トン 20トン 14トン 14トン
合計 131,244トン 132,646トン 134,564トン 127,399トン 125,050トン

※小型家電回収は、平成27年2月開始。

平成25年度から29年度までの可燃・不燃・粗大ごみ、資源物、小型家電の排出量

総排出量は減少しましたが、今後も「クリーンガイドブック」「ごみの分別辞典」「ごみ分別アプリ」などを活用し、さらなる分別に努めましょう。

「混ぜればごみ、分ければ資源」です!

また、新聞紙などの資源物はぜひ集団資源回収制度などをご活用いただき、リサイクル率の向上に努めましょう!

年度別1世帯及び1人当りの1日の排出量

平成25年度以降の1世帯及び1人当りの1日の排出量です。
1人当りの排出量は平成29年度は平成28年度と比べて13グラム減少しています。

年度別1世帯及び1人当りの1日の排出量
  1世帯当り排出量 1人当り排出量
平成25年度 3,046グラム 1,266グラム
平成26年度 3,037グラム 1,279グラム
平成27年度 3,043グラム 1,299グラム
平成28年度 2,865グラム 1,237グラム
平成29年度 2,805グラム 1,224グラム

平成25年度から平成29年度までの1世帯及び1人あたりの1日の排出量

年度別ごみ処理経費

ごみの処理経費とは、ごみや資源物を収集するとき、ごみを燃やしたり破砕したりするとき、リサイクルのために処理するときや、埋め立てするときなどにかかる経費です。

平成29年度ごみ処理経費=約39億5,000万円

平成11年度から、ごみ処理経費を減らすために、ごみ収集や焼却業務の民間委託を進めて経費削減に努めていますが、1トンのごみを処理するには、約32,000円もかかっています。

年度別ごみ処理経費
  平成25年度 平成26年度

平成27年度

平成28年度

平成29年度
一人当り 13,147円 12,806円 13,018円 14,170円 14,122円
1トン当り 28,458円 27,432円 27,458円 31,386円 31,621円

平成25年度から29年度までの1人及び1トン当りの処理経費

資源物の売り払い収入について

福島市では資源となるものを分別収集し売却しておりますが、平成29年度の収入額は約1億6,000万円でした。この収入は「環境基金」(平成18年度創設)として活用し、「生ごみ処理容器購入費助成」「ごみ集積所設置費助成」及び「ごみ散乱防止ネット購入費助成(ごみ集積所ネット設置助成)」として設置・購入の際の補助をしております。
詳しくは生ごみ処理容器購入費助成ごみ集積所設置費助成ごみ散乱防止ネット購入費助成(ごみ集積所ネット設置助成)をご覧ください。

「もったいない」の心でごみを減らしましょう!

「もったいない」から始める「3R」

「3R(スリーアール)」とは、循環型社会を形成するために重要なキーワードです。

皆さんも3R(スリーアール)にぜひご協力ください!
ものを大切にする心の「もったいない」という言葉は世界共通語です。

 

スリーアールももりん

このページに関するお問い合わせ先

環境部清掃管理課ごみ減量推進係

電話番号:024-525-3744

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?