ホーム > 震災関連・防災・安全 > 福島市震災関連情報 > 放射線への取り組み > 放射線にかかる健康管理の取り組み > ホールボディカウンタによる内部被ばく検査を行っています(平成31年4月2日更新)

ここから本文です。

更新日:2019年4月2日

ホールボディカウンタによる内部被ばく検査を行っています(平成31年4月2日更新)

市では、長期的な健康管理と放射線による健康影響の不安軽減を目的とし、全市民を対象に内部被ばく検査を進めています。検査の内容や案内の状況、申込み方法などをお伝えします。

移動型ホールボディカウンタ搭載車の写真です

(写真は内部被ばく検査機器を搭載したホールボディカウンタ車)

以下、ご覧になりたい項目をクリックしてください

高校生(18歳)以下のかたの検査

対象者

福島市在住の生後6か月以上のかたが対象となります。下記の年齢(学年)の時に検査のご案内を送付します。

  1. 未就学児生後6か月、2、4、6歳
    ※生後6か月児の検査については、「生後6か月から2歳未満児を対象とした内部被ばく検査について」のページをご覧ください。
    ※4歳未満児の検査については「2歳から4歳未満児を対象とした内部被ばく検査について」のページをご覧ください。
  2. 小中学生
    小学校2、4、6年生、中学校2年生(ホールボディカウンタ車が年に1度各学校を巡回します。)
  3. 高校生等
    高校1、3年生(満16、18歳)

検査の案内

  • 小中学生の対象者のかたへは、各学校の検査日程が決まり次第順次、通学する小中学校を通じてご案内します。
  • 上記以外の対象者のかたへは、誕生月の翌月(生後6か月児は6か月到達の翌月)に郵送でご案内します。
    ※検査の案内通知がなくても随時受検できます。申込方法をご覧いただきお申込みください。
    (小中学生のかたで学校での受検ができなかったかたもお申込みできます。)

小中学校の検査スケジュール

平成31年度検査日程については、決まり次第お知らせします。

 

妊婦のかたの検査

検査案内

妊娠期間中に内部被ばく検査を受けることができるように、お住まいの地区にかかわらず、妊娠20週を過ぎて安定期になる頃に個別に通知を郵送しています。

検査機器

福島県労働保健センターは座位式(座って検査する型)の検査機器も設置しています。
直立のまま2分間静止することが難しいかたへはこちらでの検査をご案内できます。

19歳以上のかたの検査

対象者

福島市在住のかたが対象となります。
※除染電離則(除染等業務に係る電離放射線障害防止規則)による内部被ばく検査ではありません。
除染業務に従事されるかたで、除染電離則による内部被ばく検査を必要とするかたは、労働基準監督署へお尋ねください。

検査案内

個別の検査案内は送付されませんが、通年で検査の受付を行っておりますので、是非お申込みください。

検査場所ごとの受付時間

  1. あづま脳神経外科病院(外部サイトへリンク)
    月、水、金曜日:午前10時から午前11時、午後1時30分から午後2時30分、午後4時から午後5時
    火、木曜日:午前10時から午前11時、午後1時30分から午後2時30分
    土曜日:午前8時30分から午前11時30分、午後1時から午後5時
    第2、4日曜日:午前8時30分から午前11時30分、午後1時から午後5時
  2. 医療生協わたり病院(外部サイトへリンク)
    木曜日:午後2時から午後4時
    第1、3土曜日:午前9時30分から午前11時30分
  3. 済生会春日診療所(外部サイトへリンク)(川俣町)
    月曜日から金曜日:午前9時から午前11時
    土日は不定期実施のため、お問い合わせください。
  4. 福島赤十字病院(外部サイトへリンク)
    木曜日:午後2時から午後4時
  5. (公財)福島県労働保健センター(沖高)(外部サイトへリンク)
    月曜日から金曜日:午前9時から午前11時30分、午後1時から午後4時30分
    第1、2土曜日:午前9時から午前11時30分
    第3日曜日:午前9時から午前11時30分
  6. 福島市保健福祉センター(森合町)
    月、水、金、土曜日:午前10時から午前11時、午後0時30分から午後4時

注)祝日は全て休みとなります。また、上記受付時間であっても、機器の点検等により休みの場合があります。
特に年末年始は休みの日が多くなりますので、ご了承ください。

直近の予約状況については、ホールボディカウンタによる内部被ばく検査の予約状況をお知らせしますをご覧ください。

検査内容

現在体内にある放射性物質(セシウム134および137)を測定し、概ね一生の間に受けると思われる線量を推計します。(検査装置等から放射線を浴びることはありません。また痛みを伴うこともありません。)

申込方法

申込専用電話への電話もしくはインターネットからお申込み願います。

福島市外に在住のかたは、福島市外に在住のかたの検査についてをご覧ください。

検査の受けかた

持ち物

お申込みのご連絡をいただいた後、検査日時のご案内を郵送します。
「検査同意書」と「問診票」が同封されていますので、必要事項を記入の上、検査日当日、検査場所へお持ちください。(検査場所によっては「検査同意書」のみの場合もあります。)
その他、必要なものはありません。

服装

決まった服装はありません。通常の服装でおこしください。
正確な測定のため、検査着は原則下着の上に着ていただきますので、脱ぎ着しやすい服装をお勧めします。やむを得ない事情がある場合は、受付の際にご相談ください。

所要時間

測定の際は、直立のまま2分間静止していただきます。2分間の直立が難しいかたへは、福島県労働保健センターにある座位式(座ったまま測定する検査機)の検査機をご案内できます。

検査場所までの交通手段について

公共交通機関や自家用車による送迎等、各受検者様において対応願います。

検査結果

検査実施から約1ヵ月後に郵送でお送りします。
福島市保健福祉センター(森合町)で検査を行ったかたは、当日お渡しいたします。

放射性セシウムが検出されたかたの検査

検査で放射性セシウムが検出された場合でも、時間の経過とともに、新陳代謝により放射性セシウムが体外に排出され、検査当時よりも放射線量が少なくなっていくと考えられるため、その変化を確認していただける機会をご案内しています。
案内は、体内の放射線量の変化が確認できるよう、検査の数ヶ月後に郵送にてお送りしています。
なお、これまで実施してきた結果、放射性セシウムが検出されたかたについても預託実効線量は全員1ミリシーベルト未満であり、福島市健康管理検討委員会では「健康に影響を与えるような数値ではない」との見解を示しています。

預託実効線量とは、成人では50年間子供では70歳までに体内から受けると思われる内部被ばく線量のことです。

福島市外に在住のかたの検査

福島市保健福祉センター(森合町)では、福島市以外の福島県内市町村に住民票のあるかた、福島県内に通勤・通学しているかたなども検査を受けることができます。詳しくは福島県県民健康調査課のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

ひらた中央病院における内部被ばく検査

医療法人誠励会ひらた中央病院で内部被ばく検査を受けることができます。詳しくはひらた中央病院のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。検査を希望されるかたは、電話にてご予約の上、受検願います。

その他

  1. 福島県では県外での内部被ばく検査を行っています。詳しくは福島県県民健康調査課のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。
  2. 検査は完全予約制でおこなっております。検査を希望されるかたは必ず事前にご予約いただいた上、受検願います。
    また、時間通りに検査が進むよう、予約時間に検査場所へおこしください。
  3. 申込みから受検までは、通常1週間かかります。日程に余裕をもってお申し込みください。
  4. 食事制限は必要ありません。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部保健所放射線健康管理課企画管理係

福島市森合町10番1号 保健福祉センター

電話番号:024-525-7681

ファックス:024-525-7681

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?