ホーム > 震災関連・防災・安全 > 福島市震災関連情報 > 放射線への取り組み > 放射線にかかる健康管理の取り組み > ホールボディカウンタによる内部被ばく検査の結果をお知らせします【平成31年3月15日更新】

ここから本文です。

更新日:2019年3月15日

ホールボディカウンタによる内部被ばく検査の結果をお知らせします【平成31年3月15日更新】

市では、みなさんの長期的な健康管理を進め、それにより放射線による健康不安の軽減をはかるため、平成23年11月よりホールボディカウンタによる内部被ばく検査を進めています。
これまでの検査の進捗率(進み具合)と結果の概要をお知らせします。

検査の実施状況(平成31年1月末現在)

年齢区分
※1
検査対象者数
(人)
※2
検査人数(人)
今回(1月)
※3
左の内
再検査人数
(人)※4
検査人数(人)
累計
※3
左の内
再検査人数
(人)※4
10歳未満 21,149 718 0 16,099 6
10歳代

26,074

417 0 74,776 217
20歳代 27,068 12 0 18,154 126
30歳代 31,040 17 0 10,234 39
40歳以上 174,671

25

0

51,322 487
280,002 1,189 0 170,585 875
その他※5 - 21 0 2,162 5
ひらた中央病院 - 0 - 1,183 -
合計 280,002 1,210 0 173,930 880
  • 1年齢区分の基準日は、平成30年3月31日
  • 2検査対象者数は、平成30年3月31日の住民基本台帳人口
  • 3検査人数は、2回目以降の検査も含む延べ人数。その他とひらた中央病院の受検者を除く170,585人の内、受検者実人数は103,657人(対象者280,002人に対し、受検率37.0パーセント)。複数回受検者数は、66,928人。
  • 4放射性セシウムが検出された方を対象に再検査を実施(希望者のみ)。再検査の人数は述べ人数の内数
  • 5避難区域内の市区町村からの避難者など、市に住民登録がないかた

検査結果の概要

検査結果

預託実効線量(注1)は173,930人(2回目以降の検査分を含めた延人数)全員が1ミリシーベルト未満です。

(注1)預託実効線量…成人では50年間、子供では70歳までに体内から受けると思われる内部被ばく線量

市健康管理検討委員会(注2)による見解

市健康管理検討委員会では、以上の結果について「健康に影響を与えるような数値ではない」と判断しています。

(注2)健康管理検討委員会…医師や市放射能対策アドバイザーなどで構成する委員会

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部保健所放射線健康管理課企画管理係

福島市森合町10番1号 保健福祉センター

電話番号:024-525-7681

ファックス:024-525-7681

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?