ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症・医療 > 新型コロナウイルス感染症について

ここから本文です。

新型コロナウイルス相談窓口

相談・受診前に心がけていただきたいこと

  1.  発熱等の風邪症状が見せられるときは、学校や会社を休み外出を控える。
  2. 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。

 新型コロナウイルス感染症に関する相談専用電話

電話番号 024-535-8661

FAX   024-525-5701

受付時間 8時30分~17時15分(土日・祝日を含む) 

 【対象】 

発熱や呼吸器症状の有無に関わらず、心配な方、気になる方

その他、下記の相談窓口もあります。

  • 厚生労働省電話相談窓口 0120‐565653(9時~21時 土日・祝日も対応)
  • 福島県相談専用ダイヤル 024‐521-7871(8時30分~21時 平日のみ)

 帰国者・接触者相談センター

電話番号 024-535-8662

下記の場合には、「帰国者・接触者相談センター」までご相談ください。

【対象】

  1. 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
  2. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

なお、以下のような方は、重症化しやすいため、1又は2の状態が2日程度続く場合はご相談ください。

 高齢者・妊婦・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)がある方や透析を受けている方・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

 

新型コロナウイルス感染症について

主な症状について

発熱全身倦怠感乾いた咳。(入院患者では呼吸困難も多い傾向にあります。)

感染対策について

風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえて、咳エチケットや手洗いなど、通常の感染予防対策を行うことが重要です新型コロナウイルス感染症について(PDF:301KB))。

最新情報(リンク先をご参照ください) 

資料

福島市内の旅館・ホテルに対する「携帯電話による中国語圏外国人宿泊者への通訳」支援(無償)

福島市観光コンベンション協会では、福島市内の宿泊事業者に対して「携帯電話による中国語圏外国人宿泊者への通訳」支援を実施します。詳細は以下のPDFよりご確認ください。

福島市内の旅館・ホテルに対する「携帯電話による中国語圏外国人宿泊者への通訳」支援(無償)について(PDF:151KB)

 


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部保健所健康推進課感染症対策係

福島市森合町10番1号 保健福祉センター

電話番号:024-572-3152

ファックス:024-525-5701