ホーム > 健康・福祉 > 新型コロナウイルス感染症 > 市長メッセージ、本市の対応

ここから本文です。

更新日:2021年1月13日

市長メッセージ、本市の対応方針

市長・教育長メッセージ

市長メッセージ22(令和3年1月13日)

今般、福島県において、年末から続く加速度的な感染拡大の結果、県全体の医療提供体制が危機的な局面を迎えていることから、ステージ3(感染者の急増)相当にあるとの認識のもと、昨日、1月13日から2月7日までを期間とする福島県新型コロナウイルス緊急対策を発表しました。特別措置法に基づき、感染防止対策徹底のため、①県民への不要不急の外出自粛要請、②飲食店等に対する営業時間自粛の要請、が行われたところです。
福島県にとって、今が正に感染拡大を抑え込む正念場、瀬戸際であり、この危機的局面を乗り切るためには、福島市も県と協調して取り組んでいかなければなりません。
市民の皆さまには、県の要請内容に十分留意し、気を緩めず常に高い意識をもって、感染防止対策の徹底をお願いいたします。

本文全文

市長メッセージ21(令和3年1月11日)

市民の皆さま、事業者の皆さまには、新型コロナ緊急警報へのご協力、誠にありがとうございます。特に、医療・保健関係者の皆さまには、年末年始も献身的に医療を支え、回復に努めていただいたこと、心から感謝と敬意を表します。おかげで、新規感染者の発生率は下降してきており、休止していた2つの救急病院が再開するなど、最悪の状況は脱してきました。
一方、県内各地で感染者が急増し、首都圏の1都3県では緊急事態宣言が発令されるなど、感染拡大が全国的に進んでおり、福島市でも、再びクラスターが相次ぐ事態になりかねない厳重な警戒が必要な状況が続いています。
こうした状況を踏まえ、1月11日までとしていた新型コロナ緊急警報の延長はいたしませんが、市や市医師会等は、引き続き厳重な警戒体制で対応します。市民の皆さま、事業者の皆さまにおかれましても、気を緩めず常に感染防止に高い意識をもって、感染防止対策の徹底をお願いいたします。

本文全文

市長メッセージ20 (令和2年12月26日)

12月20日に市医師会と共同で「新型コロナ緊急警報」を発令し、最大限の警戒をお願いいたしました。しかしその後も、新たなクラスターが発生し、二つの救急病院の休止に加えて一時的休止となる医療機関も出るなど、事態は深刻さをさらに深めています。
このため市では24日、県に対し市内の感染拡大防止のため、より強い対策を講じるよう要請したところ、25日、県において福島市限定の対策が決定されました。市でも、「緊急警報」を、1月11日まで延長するとともに、この期間中の市有施設の利用制限等を行うなど、対策の強化を図ることにしました。
本文全文

市長メッセージ19 (令和2年12月20日)

市内における新型コロナウイルスの感染は、さらに拡大し、2つの救急病院が休止となるなど、通常の医療体制も非常に厳しい状況にあります。このまま感染拡大が進めば、医療体制がさらにひっ迫し、救急医療など通常の医療が行えなくなることも懸念されます。
このため、市医師会と共同で、「緊急警報」を発令しました。正月3日までの間、最大限の警戒をお願いします。市民の皆さま、事業者の皆さまと心を合わせて、感染防止対策を徹底していきたいと思います。
本文全文

市長メッセージ18 (令和2年12月17日)

本市における新型コロナウイルスの感染例は、12月に入って急増、クラスター(感染集団)も既に3例確認されました。感染の連鎖は、飲食店ばかりでなく、事業所や家庭、さらには児童関連施設や病院など、身近なところまで波及しています。
現在のところ、大方の感染経路は追跡できているものの、新規感染者数の比率は東京・大阪程度に上昇しており、市中感染になりつつある状況です。今後新年3日までの間、最大限の警戒をお願いします。
本文全文

市長メッセージ17(令和2年11月20日)

新型コロナウイルス感染症については、全国的に第三波と思われる感染例の急増が見られ、本市においても、11月に入り18日までに21名の感染が確認されるなど、増加が顕著になってきています。
市民の皆さまには、下記事項に留意の上、感染防止のための行動を強化するとともに、イベントの主催者や施設管理者におかれては、改めてガイドラインの確認を行い、感染防止対策の徹底をお願いします。
力を合わせて、この難局を乗り越え、新型コロナウイルスへの抵抗力の強い社会を築いていきましょう!
本文全文

市長メッセージ16(令和2年9月18日)

大規模イベントの開催制限について、徹底した感染防止対策の実施を前提に、9月19日から11月30日までの間、
イベントの内容に応じて人数の上限等が緩和されることになりました。
また、19日からは4連休、10月からは「Go To トラベル」に東京発着の旅行も対象に加わります。
イベントの主催者、市民の皆さまには、引き続きの感染防止対策の徹底にご協力をお願いいたします。
あわせて、感染症の患者さんやご家族、医療関係者への誹謗中傷は決して行わないよう強くお願いいたします。
本文全文

市長メッセージ15(令和2年8月31日)

市民の皆さま、事業者の皆さまにおかれましては、これまでお願いしてきた対策を着実に実施していただくとともに、本文内の9つの事項に特に留意して取り組んでいただきますようお願いいたします。
明日から9月、市民一丸となって、感染拡大防止と社会経済活動の両立に向けた道筋をつけ、この難局を乗り越えていきましょう。
本文全文

 市長メッセージ14(令和2年7月31日)
患者数が全国で急増~ 改めて感染防止対策の徹底を!

新型コロナウイルス感染症については、全国的にも連日、過去最多を更新するなど、患者数が急増しています。
本市でも、本日、緊急事態宣言解除後5人目の患者が確認されるなど、本市への波及も予断を許さない状況にあります。
改めて「ウィズコロナ」の状況、常に感染リスクが身近にあるということを十分認識して、感染防止対策を徹底し、社会経済活動との両立を図っていただきますようお願いいたします。
本文全文

市長メッセージ13(令和2年7月22日)
夏季における留意事項~ 改めて感染防止を徹底、身近なところから活動を広げよう

 夏季休暇の季節となり、国による「Go Toトラベルキャンペーン」も始まりました。緊急事態宣言解除後の人の動きとしては、これまでの局面以上に多く、広域にわたってくることが予想されます。
市民の皆さま、事業者の皆さまには、次の事項に十分留意の上、「新しい生活様式」の一層の定着を図りながら、感染防止の取組を改めて確認し、その徹底を図るとともに、過剰に萎縮することなく段階的に活動の範囲を広げ、感染防止と社会経済活動の両立に努めていただきますようお願いいたします。
本文全文

市長メッセージ12(令和2年7月10日)
段階的制限緩和の進展と全国的患者増加の新局面における留意事項 大雨にも注意を!

緊急事態宣言解除から新しい生活様式が社会経済全体に定着するまでの移行期間が、7月10日から第3段階を迎えました。
「新しい生活様式」の一層の定着を図りながら、気を緩めることなく感染防止に努めるとともに、過剰に萎縮することなく段階的に活動の範囲を広げ、社会経済活動の回復を図って参ります。
本文全文
移行期間(ステップ③)における本市の対応

市長メッセージ11(令和2年6月19日)
全ての外出自粛要請解除、一方4月末以来の患者確認 気を緩めず、感染防止と社会経済活動の両立を図ろう!

市民の皆さまにおかれましては、感染の可能性が高い場所・地域等に関連した行動には十分注意するなど、引き続き、気を緩めることなく感染防止に取り組んでいただきますようお願いします。併せて、過剰に委縮することなく、新しい生活様式を適切に導入しながら、段階的に活動の範囲を広げ、社会経済活動の回復にご協力いただきますようお願いします。
全文
移行期間(ステップ②~)における福島市の対応

市長メッセージ10(令和2年5月29日)
緊急事態宣言、全国解除 感染防止と社会経済活動の両立を図ろう!

新しい生活様式の定着を図りながら、今後も気を緩めることなく、感染防止と社会経済活動の回復の両立を図ってまいります。市民一丸となって、新しい日常をつくっていきましょう。ご理解、ご協力をよろしくお願いします。
全文、資料1~3

市長メッセージ9(令和2年5月16日)
緊急事態宣言解除 感染防止に気を緩めず、段階的に新たな日常を回復していこう!

市民の皆さまには、日々の暮らしや職場において、「新しい生活様式」の定着を図り、感染防止と社会経済活動の回復にご協力いただきますようお願いします。本文全文

市長メッセージ8(令和2年5月13日) 全市民、特別定額給付金の申請を!給付金の有効利用を!

緊急支給を受けた方など一部世帯を除く全世帯に特別定額給付金の郵送申請書類を発送します。
特別定額給付金は、全国民に1人10万円給付する制度です。福島市民の皆さまには、所得や立場などにかかわらず、辞退や申請忘れ等をすることなく、申請されますようお願いいたします。本文全文

市長メッセージ7(令和2年5月6日)

5月5日に緊急事態宣言が全都道府県を対象に5月末日まで延長されました。福島市としても、引き続き感染拡大の防止を最優先に取り組んでまいります。併せて感染症に強い「新しい生活様式」の定着・徹底を図りつつ、慎重に社会経済活動の回復に向けた道を探ってまいります。本文全文

市長メッセージ6(令和2年4月18日)

4月16日に緊急事態の対象地区拡大が全都道府県に拡大されました。福島市としても、緊急事態宣言の趣旨並びに福島県知事からの要請を踏まえ、感染拡大防止の取り組みの一層の強化をお願いします。本文全文

市長メッセージ5(令和2年4月12日)

福島市におけるPCR検査で11例目の陽性が確認されました。本市及び県内で初めての園児の感染例となります。市民の皆様、特に小さなお子さんをお持ちの方は、大変不安なお気持ちと察しますが、落ち着いて感染拡大防止の取組を徹底していただきますようお願いします。本文全体

市長メッセージ4(令和2年4月7日)

7都府県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県)に緊急事態宣言が発令されました。 
また、福島市において4名の集団的感染が確認されたところであり、一段と危機感が強まりました。現時点で濃厚接触者と認められる方には自宅における健康観察としました。県や関係市町村と連携して、速やかに積極的疫学的調査を進め、さらなる濃厚接触者を把握し、感染の拡大防止に全力で取り組んでまいります。本文全文

市長・教育長メッセージ(令和2年4月3日)

新型コロナウイルスの感染拡大防止を図るため、国の要請を踏まえ、3月4日から、すべての市立小・中学校及び特別支援学校を臨時休校とし、引き続き春休みとなっておりましたが、本市においては、国が示した学校再開ガイドラインを踏まえ、学校および市、市教育委員会において、できる限りの感染防止対策を講じ、再開することとしました。本文全文

市長メッセージ3(令和2年3月31日)

福島市において1例目、2例目となる新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました。福島市保健所において疫学的調査等を速やかに進め、濃厚接触者を把握して、感染の拡大防止に全力で取り組んでまいります。本文全文

市長メッセージ2(令和2年3月13日)

新型コロナウイルス感染症が全国的に拡大しており、引き続き、市民、保護者、事業者の皆様には、次の内容を実施いただき、感染拡大の防止と安全安心な市民生活にご協力をいただきますようお願いいたします。(本文全文(PDF:164KB)

資料1:新型コロナウイルスの集団発生を防ぐために(令和2年3月1日厚生労働省作成)(PDF:555KB)

資料2:感染症予防・対策の基本(PDF:1,086KB) 

市長メッセージ1(令和2年2月28日)

新型コロナウイルスへの感染が拡大しています。感染拡大防止には、ここ1~2週間が極めて重要であるとされており、市民、事業者、団体の皆様には、次の内容を実施いただき、感染拡大の防止と安全安心な市民生活にご協力をいただきますようお願いいたします。(本文全文(PDF:112KB)

 

本市の対応方針

令和3年1月13日

福島市における当面の対応(PDF:142KB)

令和3年1月11日

福島市における当面の対応(PDF:296KB)

令和2年12月26日

福島市における当面の対応(PDF:288KB)

令和2年12月21日

福島市における当面の対応(PDF:269KB)

令和2年12月20日

福島市における当面の対応(PDF:96KB)

令和2年11月19日

福島市における当面の対応(PDF:304KB)

令和2年8月31日

福島市における当面の対応(PDF:336KB)

令和2年7月31日

福島市における当面の対応(PDF:329KB)

令和2年7月10日

移行期間(ステップ③)における本市の対応(PDF:2,269KB)

令和2年6月19日

移行期間(ステップ②~)における福島市の対応(PDF:336KB)

令和2年5月28日

緊急事態宣言解除に係る福島市の対応(PDF:344KB) 

令和2年5月16日

緊急事態宣言解除に係る福島市の対応(PDF:333KB)

令和2年5月6日

緊急事態宣言延長に関する市の対応(PDF:128KB)

令和2年4月18日

緊急事態宣言への福島市の対応をまとめました。(PDF:116KB)

令和2年3月13日

政府の新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策第2弾を踏まえ、福島市においては次の対策を進めます。

福島市における新型コロナウイルスに係る今後の対策について(令和2年3月13日)(PDF:198KB)

令和2年2月27日

政府の新型コロナウイルス感染症対策の基本方針を踏まえ、福島市においては、当面次の方針に沿って対策を進めます。

 福島市における新型コロナウイルス感染症対策の当面の方針(PDF:179KB)

 

市民の皆さま、事業者の皆さまにおかれましては、こうした状況を改めて認識し、これまでお願いしてきた対策を着実に実施していただくとともに、次の事項に特に留意して取り組んでいただきますようお願いいたします。明日から9月、市民一丸となって、感染拡大防止と社会経済活動の両立に向けた道筋をつけ、この難局を乗り越えていきましょう。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部保健所健康推進課感染症対策係

福島市森合町10番1号 保健福祉センター

電話番号:024-572-3152

ファックス:024-525-5701

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?