ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 乳幼児・子どもの予防接種 > 定期予防接種 子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマワクチンウイルス)について

ここから本文です。

更新日:2020年5月13日

定期予防接種 子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)について

 主に性行為によってヒトパピローマウイルス(以下HPV)に感染することが子宮頸がんの原因とされ、HPVワクチンはHPVの感染や子宮頚部の前がん病変(がんになる一歩手前の状態)を予防する効果が確認されています。

 平成25年4月1日からHPVワクチンは定期接種となりましたが、接種後にHPVワクチンとの因果関係が否定できない持続的な痛みの訴え等が報告されたことから、平成25年6月14日の厚生労働省から「副反応の発生頻度がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、積極的な受診の勧奨を差し控える」との通知を受けております。

 そのため、積極的な勧奨はしていませんが、接種を希望する場合には、定期予防接種として予防接種が受けられます。厚生労働省の予防接種情報(外部サイトへリンク)をご覧いただき、有効性とリスクを理解した上で、予防接種を希望される場合は登録医療機関でお受けください。

 

 対象者

 小学6年生~高校1年生相当の女子(平成16年4月2日~平成21年4月1日生まれの女子)

 受け方

 ・福島市の登録医療機関(福島市登録医療機関(PDF:177KB)で個別接種となります。

 ・事前に医療機関に電話等で予約をしてください。

 ・県内の登録医療機関でも受けられます(広域予防接種)。詳しくは医療機関へのお問合せまたは県医師会ホームページ等でご確認ください。

 持ち物

 ・母子健康手帳

 ・保険証等(住所氏名年齢が確認できるもの)を必ずご持参ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部保健所健康推進課感染症対策係

福島市森合町10番1号 保健福祉センター

電話番号:024-572-3152

ファックス:024-525-5701

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?