ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症・医療 > 新型コロナウイルス感染症 > 特別定額給付金関連(1人10万円の給付金)

ここから本文です。

更新日:2020年5月22日

特別定額給付金関連(1人10万円の給付金)

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うために、1人当たり10万円を給付する特別定額給付金事業を実施することになりました。

  • 申請書を発送しました。
  • 20日までに届かない場合はコールセンターへ。0120-03-9292
  • 手元に届いたら、同封の返信用封筒で手続きしてください。
  • 住民登録地以外への申請書の送付希望はこちら。→住民登録地以外の場所に居住している方へ
  • 約2週間から3週間程度で給付となります。
  • 給付が決定した際には、「給付決定通知書」を発送します。

事業概要

概要については、総務省ホームページをご確認ください。概要のページでは、申請書の見本や、よくある質問も掲載されています。

また、総務省では、特別定額給付金の特設サイトが開設されています。

総務省コールセンター

特別定額給付金に関するお問い合わせや相談先として、総務省にコールセンターが設置されています。

  • フリーダイヤル:0120-260020(応答時間:平日、休日問わず午前9時から午後6時30分まで)

Q&A

よくある質問については、上にリンク設定する総務省ホームページに掲載されています。

Q:基準日(4月27日)の前後に、市外へ転出・転入した場合、給付先はどこになりますか。

 ○転入先市区町村(福島市以外)において給付する場合

  1. 転入届(転入日)が基準日以前のとき
  2. 転出届(転出予定日)が基準日以前で、転入届(転入日)が基準日後のとき

○福島市で給付する場合

  1. 転出届(転出予定日)・転入届(転入日)が基準日以後のとき
  2. 転出届(転出予定日)が基準日後で、転入届(転入日)が基準日以前のとき

Q:基準日に出生、死亡、世帯分離した場合の給付はどうなりますか。

出生については、出生届により給付対象として追加されます。また、亡くなられた方も給付対象となります。世帯分離の場合は、世帯変更届内容に基づき給付されることとなります。

Q:給付金の振込口座を、複数に分けて(例:世帯主口座と妻の口座)振り込んでもらうことは可能ですか。

給付は、原則として申請者(世帯主)の本人名義の口座への振り込みにより行われるため、同一世帯内で分けることはできません。

※配偶者からの暴力等を理由に避難している方は、申出により、世帯主でなくても給付金を受け取ることができます。(一定の要件、手続きがあります。)

Q:オンライン申請で、回線が切断されたり、次の画面に行きません。また、口座情報書類のアップロードがうまくできません。

全国的なオンライン申請の集中によってサーバーに負荷がかかっており、処理に時間を要したり、処理が中断される場合があります。大変お手数ですが、再度ご入力いただくか、時間をおいてご入力いただくようお願いいたします。

Q:オンライン申請で、マイナンバーカードの暗証番号の入力を誤り、入力がロックされてしまいました。

署名用電子証明書については5回連続でパスワードを間違って入力した場合、パスワードロックがかかり、市民課または各支所等の窓口にてパスワードのロック解除とともに、パスワード初期化申請をし、パスワードの再設定が必要となります。なお、本手続きを含め、マイナンバーカード関連の窓口が全国的に大変込み合っておりますので、入力の際は十分ご注意ください。

Q:申請書を紛失・汚してしまいました。

福島市特別定額給付金コールセンターで、再発行を受け付けしています。

コールセンター電話:0120-03-9292(平日の午前8時30分から午後5時15分まで。9月30日まで開設。) 

Q:返信用封筒に添付書類を入れ忘れてしまいました。

提出された書類一式は、審査によって不備があれば「不備決定通知書」を発送します。添付書類が不足の場合、同封の返信用封筒で送付いただくなど、通知書に記載された不備の内容をよくご確認のうえ対応をお願いします。 

Q:申請から給付までの期間は。

約2週間から3週間程度で給付となります。できる限り期間短縮に努めておりますので、何卒ご了承願います。なお、提出書類に不備がある場合はさらに遅くなりますので十分ご注意ください。

Q:給付が決定したら、何か連絡はありますか。

審査によって不備などがなく、給付が決定した際には、「給付決定通知書」を発送します。通知書には、振込予定日のほか、給付対象者の氏名や金額、給付しない方がいれば、その理由などが印字されます。 

Q:郵送申請で、申請書に記入する際の注意点などがあれば教えてください。

  • 申請書への記入方法、主な本人確認書類、口座情報のコピーの仕方はこちら(PDF:729KB)
  • 訂正する場合は、一本線で消し、余白に記入してください。(枠にとらわれる必要はありません。また、訂正印は不要です。)
  • 印鑑は、銀行印でない認め印で可能です。印鑑をお持ちでない方は、フルネームでのサインで結構です。(シャチハタは不可)
  • ゆうちょ銀行を振込口座とする場合は、通帳の「記号」「番号」「おなまえ」を記入してください。
  • 本人確認書類および口座情報資料のコピーは、数字や文字がはっきりわかるようにサイズや濃度等を調整のうえお取りください。

特別定額給付金の内容

給付対象者および受給権者

  • 給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、福島市に住民登録のある方
  • 受給権者は、その者の属する世帯の世帯主

給付額

世帯員1人につき10万円を世帯主へ給付

申請方法及び給付の方法

感染拡大防止の観点から、申請は次の「1.郵送申請」、及び「2.オンライン申請(マイナンバーカードを利用)」により行います。

給付は、原則として申請者(世帯主)の本人名義の口座番号への振り込みにより行います。

1.郵送申請 申請書を発送しました。

  • 申請期間:5月14日(木曜日)から8月13日(木曜日)まで
  • 申請方法:郵送された申請書に必要事項を記入し、必要書類とともに返信用封筒で福島市に返送
  • 必要な物:申請書、本人確認書類(保険証や運転免許証などのコピー)、通帳などのコピー(金融機関、支店番号、口座番号、口座名義カナを確認できるようにお願いします。)
  • 振込み日:5月20日(水曜日)以降随時 

2.オンライン申請 ※マイナンバーカードを所持する世帯主が利用可能です

  • 申請期間:5月1日(金曜日)から8月13日(木曜日)まで
  • 申請方法:政府が開設する「マイナポータル」にアクセスし、申請内容の入力と振込口座の確認書類をアップロードして、電子署名により申請します。 →マイナポータルHP(外部サイトへリンク)
  • 必要な物:受給権者(世帯主)のマイナンバーカード(署名用電子証明書が格納されたものに限ります。)、パソコン+ICカードリーダ又はカードマイナンバーカード読取対応のスマートフォン、振込先口座の確認書類(世帯主の口座番号が記載された通帳など)
  • 振込み日:5月13日(水曜日)以降随時

くわしくはこちら →特別定額給付金の申請はオンラインでできます! 

 住民登録地以外の場所に居住している方へ

申請書の発送は、原則、基準日(4月27日)時点の住民登録地へ発送していますが、仕事や入院などの理由で住民登録地を離れ、かつ、郵便局による転居届を出すことが困難な場合には、依頼届の提出により、現在お住いの場所へ申請書を発送します。

・必要書類

  • 特別定額給付金申請書送付依頼届(ワード:15KB)
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、身体障害者手帳、学生証など。本人確認ができる公的身分証明書類がない場合は、依頼届の下欄に設けた【第三者の確認】欄による、施設の長又は管理者による証明が必要です。) 
・郵便局への転居届はこちら →転居・転送サービス(外部サイトへリンク)

特別定額給付金(1人あたり10万円)の受付を、緊急支援策として、生活の維持が困難なかた、または今後困難な状態が見込まれるかたを対象に、電話予約による窓口申請を受け付けます。

※緊急での給付が必要な方向けの申請方法のご案内です。緊急でない方は、郵送申請又はオンライン申請の方法をご利用ください。

対象者

令和2年4月27日時点で福島市に住民登録があり、新型コロナウイルスの影響を受け生活の維持が困難な方、または今後困難な状態が見込まれる方(公的扶助を受けている方を除く)

内容

特別定額給付金(世帯員1人あたり10万円)を世帯主へ支給

申請方法

電話予約による窓口申請 ※予約が無い場合は申請できません

  • 電話予約受付期間:5月1日(金曜日)から5月4日(月曜日)までの午前8時30分から午後5時15分まで
  • 予約電話番号:024-525-3725/024-572-5465/024-572-5466/024-572-5467
  • 電話予約後の申請受付期間:5月1日(金曜日)午後1時00分から午後5時00分まで
  • 5月2日(土曜日)から8日(金曜日)までの午前9時00分から午後5時00分まで

電話予約受付時に、申請受付日時を指定いたします。

  • 申請受付場所:福島市役所本庁1階ロビー特設窓口
  • 振り込み日:5月11日(月曜日)以降随時

配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援について

配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に福島市に住民票を移すことができない方は下記の申出を行うことで措置を受けることができます。

1.世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。

2.手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。

【対象となる方の要件】

次の1.から3.のいずれかに該当する方

1.配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること

2.婦人相談所等から証明書等が発行されていること

3.住民基本台帳の閲覧制限等の支援措置の対象となっていること

申出の手続き

申出期間中(令和2年4月24日から4月30日まで)に生活福祉課に下記の申出書を提出してください。
※5月1日以降も随時受け付けています。

・特別定額給付金受給に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書(エクセル:39KB)

申出書には、配偶者からの暴力を理由に避難していることが確認できる書類として、次の書類のいずれかの添付が必要です。

裁判所の保護命令決定書の謄本又は正本

婦人相談所等が発行する証明書等

詳しくは下記をご覧ください。

・国からのお知らせ(PDF:458KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部生活福祉課生活支援係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-572-5830

ファックス:024-535-7970 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?