ホーム > 市政情報 > 情報公開・個人情報保護 > 福島市情報公開制度 公文書開示のしくみ

ここから本文です。

更新日:2017年2月16日

福島市情報公開制度 公文書開示のしくみ

福島市では行政運営の透明性の向上や行政活動についての説明責任を全うすることにより、市民のみなさまの市政に対する信頼性を確保するため、公文書開示請求を受付けています。

公文書開示のしくみイメージ図

請求の窓口

市役所東棟1階の市民情報室で相談・受付をします。

≫市民情報室の施設詳細情報へ

請求の方法

市民情報室に備え付けの公文書開示請求書に、必要事項を記入してください。請求に当たっては、窓口の職員が、皆さんのご相談に応じます。
開示請求書は、対象公文書1件につき1枚です。
ただし、同一の担当課に係る同種の公文書が複数ある場合は、1枚の請求書により請求することができます。

開示請求書ダウンロードページへ

開示・不開示の決定

実施機関は、請求書を受理した日から原則として15日以内に、開示するかどうかの決定をします。決定の内容と開示する場合の日時及び場所は、決定通知書によりお知らせします。

開示の方法

公文書の開示は、お知らせした日時、場所で、公文書の閲覧または写しの交付によりおこないます。決定通知書を持っておこしください。

開示決定の流れ図

決定に不満のとき

開示できない場合には、理由をお知らせします。決定に不満のときは、実施機関に対して行政不服審査法に基づき審査請求ができます。そのときは、市民情報室に審査請求書を提出していただくようになります。

simon

このページに関するお問い合わせ先

総務部情報政策課文書係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3709

ファックス:024-535-7311

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?