ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > その他の計画・施策 > 地域情報通信基盤整備推進交付金事業における整備計画の事後評価

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

地域情報通信基盤整備推進交付金事業における整備計画の事後評価

福島市は、高度情報通信ネットワークの整備が進む中、ブロードバンドを利用できない地域(茂庭、立子山、大波)を解消するため、平成22年度に国の負担金交付を受けてインターネット環境を整備しました。
この地域情報通信基盤整備推進交付金の交付を受けて整備事業を実施した市町村は、整備事業が終了した年度の5年度後に実施整備計画を事後評価することが定められております。
この規定に基づいて、地域情報通信基盤整備推進交付金事業の事後評価を公表いたします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

総務部情報政策課情報政策係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3709

ファックス:024-535-7311

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?