ホーム > 震災関連・防災・安全 > 令和元年東日本台風 > 被災された方 > 市営住宅への仮入居・県借上げ住宅の申込み・住宅の応急修理について

ここから本文です。

更新日:2020年6月29日

市営住宅への仮入居・県借上げ住宅の申込み・住宅の応急修理について

・市営住宅への仮入居

台風被害で居住していた福島市内の自宅が被災し住宅に困窮している方が、り災証明の申請を行った場合、行政財産の目的外使用として家賃を免除して入居することができます。
3カ月の期間を限度とし、更新により最大9カ月の延長が可能です。
り災証明書の交付申請書のコピー(担当職員が、り災情報を閲覧することに同意していただければ省略可)及び世帯全員の住民票(交付は無料。仮入居に使用する旨、窓口でお知らせください)を添付し、入居申込書をご記入の上、住宅政策課窓口へ申請してください。

【お問い合わせ先】
福島市都市政策部住宅政策課市営住宅係
024-525-3757

・県借り上げ住宅の申込み

台風19号により住居が全壊等の被害を受け、自らの資力では住居が確保できない被災者に対し、県が民間賃貸住宅を借上げて無償で提供します。契約期間は原則1年です。ただし、災害救助の実情に応じ、契約を解除解約し、又は当初契約締結の日から2年間を限度として再契約を締結することができるものとなっております。入居者の要件及び住宅の条件については、県のホームページに様式も含め掲載がありますので、ご確認ください。なお、台風19号による災害時点で福島市に居住する方については、申込み窓口が福島市住宅政策課となります。

申込期限は令和2年5月末日です。

【お問い合わせ先】
福島市都市政策部住宅政策課市営住宅係
024-525-3757


・住宅の応急修理(災害救助法に基づく)

災害により住宅が一部損壊(損害割合が10%以上の場合に限る)、半壊または大規模半壊し、自ら修理する資力のない世帯を対象に、住宅の居室、台所、トイレ等日常生活に必要な最小限度の部分を災害救助法に基づき応急的に修理します。
詳しい制度の内容等につきましては公共建築課窓口までお問い合わせください。

※住宅の応急修理制度の内容に一部変更がございますので、ご確認ください。

 

1.災害救助法に基づく住宅の応急修理制度(PDF:122KB)

2.応急修理制度の手順(PDF:69KB)

3.様式第1号申込書(ワード:17KB)

4.様式第1号申込書(記入例)(PDF:176KB)

5.様式第2号資力に関する申出書(ワード:17KB)

6.様式第3号住宅応急修理見積書(エクセル:16KB)

7.様式第4号修理依頼書(PDF:77KB)

8.様式第5号応急修理決定通知書(PDF:99KB)

9.様式第6号工事完了報告書(ワード:15KB)

10.様式第7号所有者の同意書(ワード:20KB)

11.請求書(市指定様式)(エクセル:40KB)

12.応急修理にかかる工事例(PDF:129KB)

 

【お問い合わせ先】
福島市財務部公共建築課建築係
024-525-3758

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

都市政策部住宅政策課市営住宅係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3757

ファックス:024-533-0026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?