ここから本文です。

更新日:2018年1月9日

花々を楽しむ

花見山

日本を代表する写真家故秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と毎年訪れていた場所で、梅・ハナモモ・数種類の桜・レンギョウなどの花々がいっせいに咲き競う。
花見山そのものの美しさはもちろん、花見山から望む市街地とその向こうに見える吾妻山の景色も人気。

【見頃の目安(サクラ):4月中旬から4月下旬まで】
【見頃の目安(その他):様々な花や紅葉が一年中楽しめる】

花見山 花見山

花見山特集(リンク)

中心部

信夫山公園の桜

山全体に約二千本といわれるヨメイヨシノが植えられ、そのうち300本がこの公園に集中している。
開花期間中はライトアップされ、昼夜問わず多くの花見客で賑わう。
【見頃の目安:4月中旬】

 信夫山の桜

信夫山公園の桜(外部サイトへリンク)

弁天山(べんてんやま)公園の桜

福島市内を流れる荒川と阿武隈川の合流地点付近にある小高い山で「山椒大夫(さんしょうだゆう)」の安寿(あんじゅ)と厨子王(ずしおう)が住んでいたと言われる椿館跡がある。西側の展望台からは福島市内を一望できる。
【見頃の目安:4月中旬】

弁天山

弁天山公園の桜(外部サイトへリンク)

小倉寺(おぐらじ)観音(大蔵寺:だいぞうじ)の桜

国の重要文化財に指定された千手観音がある小倉寺には、樹齢約300年といわれる「枝垂桜(しだれざくら)」や「稚児桜(ちござくら)」と呼ばれる伝説の残る桜が美しい花を咲かせる。
【見頃の目安:4月中旬】

小倉寺

小倉寺観音(大蔵寺)の桜(外部サイトへリンク)

西部

慈徳寺(じとくじ)の種まき桜

佐原・慈徳寺の枝垂れ桜。樹齢は約450年。
開花を目前に苗代に種を蒔いたので「種まき桜」といわれている。
【見頃の目安:4月中旬】

慈徳寺の桜

慈徳寺の種まき桜(外部サイトへリンク)

仁田沼(にだぬま)のミズバショウ

周囲1キロメートルほどの小さな沼に約10万株のミズバショウが群生している。
遊歩道が整備されており、ハイキングコースにもなっている。
【見頃の目安:4月中旬】

ミズバショウ

仁田沼の水芭蕉(外部サイトへリンク)

土湯堤ヶ平のヒメサユリ

可憐な紅淡色の花が咲き競う景色には思わずため息が出るほど。
【見頃の目安:5月下旬から6月上旬まで】

ヒメサユリ

土湯堤ヶ平のヒメサユリ(外部サイトへリンク)

浄楽園のアヤメ・花菖蒲ほか

室町時代の趣を備えた池泉廻遊式庭園。
約25,000平方メートルの広大な敷地にアヤメ、花菖蒲、スイレン、シャクナゲなど花々が庭園に彩を添えている。
【見頃の目安(シャクナゲ・アヤメ):5月上旬】
【見頃の目安(ハナショウブ):5月中旬】

アヤメ

浄楽園のアヤメ・花菖蒲(外部サイトへリンク)

土湯つつじ山公園

女沼(めぬま)の入り口にある小高い丘にある公園で、野生のづづじが群生している。
【見頃の目安:5月中旬】

つつじ

土湯つつじ山公園(外部サイトへリンク)

あづま総合運動公園のヤマユリ

民家園からあづま球場までの松林に約1万本のヤマユリが群生している。
【見頃の目安:7月中旬】

ヤマユリ

あづま総合運動公園のヤマユリ(外部サイトへリンク)

浄土平(じょうどだいら)周辺の高山植物

磐梯吾妻スカイラインの中間点の一帯に数多くの高山植物を見ることができる。
【見頃の目安:5月下旬から9月中旬まで】

高山植物 高山植物

浄土平周辺の高山植物(外部サイトへリンク)

東部

小鳥の森のカタクリ

標高60メートルから230メートルの小高い丘陵にあり、散策コースでカタクリが群生している。
【見頃の目安:4月上旬から4月中旬まで】

カタクリ

小鳥の森のカタクリ(外部サイトへリンク)

南部

松川町水原のクマガイソウ群生地

クマガイソウは、ラン科の多年草で、紅紫色の網目状脈がある袋状の花弁が特徴的な花。
大量に群生している自生地は全国でも数少ない。
【見頃の目安:5月上旬から5月中旬まで】

クマガイソウ(撮影:市民カメラマン宍戸良之さん)

水原のクマガイソウの里(外部サイトへリンク)

土合館(どあいだて)公園

緑豊かな丘陵地を整備した公園。
園内には展望広場、野外ステージなどがあり、約4,500株のあじさいが植えられ、「あじさい公園」とも呼ばれている。
【見頃の目安:7月上旬から7月中旬まで】

土合舘公園のアジサイ

土合舘(どあいだて)公園(外部サイトへリンク)

北部

花ももの里

世界中から集めた40品種300本が植栽されており、白から濃い桃色まで、色とりどりのハナモモが鮮やかに咲き誇っている。
【見頃の目安:4月上旬から5月上旬まで】

花ももの里

花ももの里(外部サイトへリンク)

舘の山公園の桜

源義経に仕えた、佐藤継信、忠信の父基冶が築城した大鳥城の跡で、土塁の跡が残っている。
現在は公園として整備されており、春には山全体が桜で覆われ、飯坂温泉観光客の散策の場所にもなっている。
【見頃の目安:4月中旬】

舘の山

舘の山公園の桜(外部サイトへリンク)

フルーツラインの桃・梨・リンゴの花

飯坂温泉から国道115号を結ぶ延長14キロメートルの県道「上名倉、飯坂、伊達線」はフルーツラインと呼ばれ、この道路沿いは市内でも特に果物の生産が盛んな場所。
花が咲く時期には桃、梨、リンゴが沿線を彩っている。

桃の花

フルーツラインの桃・梨・リンゴの花(外部サイトへリンク)

周辺地図

地図を表示(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ先

商工観光部観光コンベンション推進室観光企画係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3722

ファックス:024-535-1401

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?