ホーム > くらし・手続き > ペット・動物 > 犬の飼い主のみなさんへ

ここから本文です。

更新日:2017年4月14日

犬の飼い主のみなさんへ

狂犬病予防法により、生後91日以上の犬は生涯一度の登録と毎年1回の狂犬病予防注射が義務づけられています。犬の登録、狂犬病予防注射、各届出は市役所環境課または各支所窓口で受け付けています。

犬の登録について

登録はその犬について生涯一度のみとなります。登録をしたら、「犬鑑札」が交付されますので、犬の首輪につけておきましょう。「犬鑑札」の年度・登録番号は他に控えておきましょう。

  • 登録(鑑札交付)手数料:3,000円
  • 鑑札再交付手数料:1,600円

狂犬病予防注射について

狂犬予防注射は、毎年1回必ず受けてください。福島市では毎年4月に集合注射をおこないます。この時期に受けられなかった場合にはお近くの獣医さんで受けてください。狂犬病予防注射を受けますと、「注射済票」が交付されますので、首輪につけておきましょう。
なお、病気や妊娠しているとき、以前の予防注射でショック症状(発熱やけいれん等)をおこしたとき、1カ月以内に他の予防注射を受けたときは注射を受ける前に獣医師にご相談ください。
集合注射日程については、平成29年度狂犬病予防注射日程表(PDF:104KB)をご覧ください。

  • 注射済票交付手数料:550円
  • 注射済票再交付手数料:340円

4月に実施している集合注射では交付手数料を含め、3,200円の料金となっておりますが、それ以外に獣医師で受けられる場合は、交付手数料の550円は変わりませんが実費分は獣医師によってちがいますので、直接お尋ねください。
また、市外の獣医師で予防注射を受け、書面による証明証をお持ちの場合は、それを持参のうえ、環境課または支所で注射済票の交付の手続きをおこなってください。

予防注射が困難なケース

次のような場合、注射を受けられないことがありますので、かかりつけの獣医師または集合注射会場の獣医師に御相談ください。

  • 病気にかかっている、または治療中である
  • 3週間以内に他の予防注射を受けている
  • 過去の予防注射でショックなどの副反応を起こしたことがある(発熱・じんましん・けいれん・よだれを流すなども含む)
  • 妊娠中または授乳中である

狂犬病予防注射猶予証明書

高齢・治療中・妊娠中などの理由により注射を受けられない場合は、市内の動物病院で「狂犬病予防注射猶予証明書」の交付を受け、環境課または支所に提出してください。
なお、郵送による提出は環境課に限り受け付けします。原本の返送を希望する場合は、必ず返信用封筒(宛名記入及び切手貼付済みのもの)を同封してください。

犬に関する届出について

  1. 飼い主が変わったとき(犬を他の人に譲った、または家族で飼い主が変わった場合)
    変更届の届出が必要となります。新しい飼い主に「犬鑑札」を渡し、新しい飼い主が居住地の市町村役所に届け出るよう伝えてください。
  2. 飼い主の住所及び犬の所在地が変わったとき
    変更届の届出が必要となります。なお、市外へ転出の場合には「犬鑑札」を持参して届出先の市町村役所に届けてください。
  3. 飼い犬が死亡したとき
    死亡届の届出が必要となります。「犬鑑札」「注射済票」は返却となりますのでご持参ください。

飼い主の責任を果たしましょう

  • 犬を散歩させる場合には、フン収集用のビニール袋などを持参し、必ず持ち帰って処理しましょう。また、散歩中のオシッコは水の入ったペットボトルを持参し水で流しましょう。
  • 飼い犬には名札を付けたり、首輪に連絡先を記入するなど所有者を明示しておきましょう。(ねこなどの家庭で飼っているほかのペットも同じです。)
  • 放し飼いは禁止されています!リード等でつないで飼いましょう。
  • 室内で飼う場合は、室内の温湿度や衛生管理(ノミ、ダニなど害虫の予防)に加え、ペットにたばこの煙や化学薬品(消臭剤・殺虫剤等)などを吸引させないよう十分に注意しましょう。
  • 飼い犬は人間との生活にある程度適応できるような訓練やしつけが必要です。また近隣のことも考え、啼き声や悪臭等で迷惑をかけないように注意し、適度な散歩や、給餌、給水などの他に健康管理にも留意し、愛情を持って終生面倒をみましょう。
  • 動物愛護センター持ち込まれる犬やねこが増えています。不幸な犬やねこを増やさないためにも避妊・去勢手術を検討し繁殖の制限に努めましょう。

飼い犬が逃げていなくなってしまった

飼い犬が逃げてしまった場合、できるだけ早く下記の機関へ連絡してください。
日頃から首輪への鑑札・注射済票の装着に加え、マイクロチップ装着、連絡先の明示などをしておくと見つかりやすくなります。

  • 福島市環境課(電話:024-525-3742)
  • 福島県動物愛護センター(電話:024-953-6400)
  • 福島警察署(電話:024-522-2121)

飼い犬が人を噛んだら動物愛護センターに届出を

福島市における犬の咬傷事故は、福島県動物愛護センター(電話:024-953-6400)が窓口となります。犬に噛まれた人もすみやかに動物愛護センターに届出てください。

福島県動物愛護センターでは次のような事業をおこなっています。お問い合わせください。

犬・ねこの譲渡事業
動物愛護センターに収容された犬及びねこの新しい飼い主を募集しています。

福島県動物愛護センター(電話:024-953-6400)の福島県動物愛護センターの概要(外部サイトへリンク)収容動物検索(外部サイトへリンク)をご覧ください。(収容動物の猫の写真については、明らかに飼い猫〔首輪等〕の場合以外は掲載されません)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

環境部環境課環境衛生係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3742

ファックス:024-535-1401

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?