ホーム > くらし・手続き > 墓地・斎場 > 斎場 > 福島市斎場について

ここから本文です。

更新日:2019年12月18日

福島市斎場について

平成28年度から建設を進めていた新斎場が完成し、令和元年5月18日から火葬業務を開始しました。

一連の葬送行為が個別性の高い空間で行われ、心安らかにお見送りできるよう、十分な個室数を確保しております。

なお、供用開始後は旧斎場の解体工事や駐車場の整備工事に着手し、令和2年度中の完了を予定しています。

それまでの間、駐車場の不足などにより、皆さまにはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

syoumen

施設概要

sisetu

※現在、旧斎場の解体工事や駐車場の整備工事のため駐車台数が少なくなっています。「宗教法人佛眼寺第2駐車場」の一部を「福島市斎場臨時駐車場」としてお借りしておりますのでご利用ください。

なお、工事期間中は、自家用車での来場を極力控えていただき、マイクロバス等による乗り合いでの来場にご協力願います。

利用者の皆様には、ご不便をお掛けいたしますが、ご理解、ご協力を賜りますようお願いします。

 

(回廊)

kairou

 

 

(お別れ室)

owakare

使用料

区分

単位

市民

市民以外

大人(12歳以上)

1体

10,000円

60,000円

小人(12歳未満)

1体

6,000円

36,000円

死産児

1胎

4,000円

24,000円

人体の一部

小柩1個

3,000円

18,000円

胞衣

小柩1個

3,000円

18,000円

【備考】

1 使用料の欄中「市民」とは次の各号に掲げる区分に応じ、それぞれ当該各号に掲げる者をいい、「市民以外」とはその他の者をいう。

一 大人又は小人の火葬の場合 死亡者のうち死亡当時において本市に住所を有していた者又は使用者(葬祭を主宰する者に限る。)のうち本市に住所を有する者

二 死産児の火葬の場合 死産児の母のうち死産当時において本市に住所を有していた者又は使用者(葬祭を主宰する者に限る。)のうち本市に住所を有する者

三 前二号に掲げる場合以外の場合 使用者のうち本市に住所を有する者

2 単位の欄中「小柩」とは、長さ105センチメートル、幅35センチメートル、高さ32センチメートル以内の柩をいう。

利用上の注意

斎場利用にあたっての注意事項は「斎場利用上の注意」をご覧ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

環境部環境課環境衛生係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3742

ファックス:024-535-1401

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?