ホーム > 震災関連・防災・安全 > 防災・危機管理 > 避難に関わる情報 > 弾道ミサイル発射に伴う情報伝達と行動について

ここから本文です。

更新日:2018年3月28日

弾道ミサイル発射に伴う情報伝達と行動について

 

福島市では、弾道ミサイルが発射され、政府からJアラートにより緊急情報が伝達された場合、受信機能を有するスマートフォン・携帯電話に緊急速報(エリア)メールが配信され、専用のチャイム音が一斉に鳴り出します。また、ホームページ、登録制メール、SNS(フェイスブック、ツイッター)、コミュニティFM(FMポコ)に自動で情報を配信し、市民の皆さまにお知らせします。 

「即時音声合成メッセージ」の表記について  

 登録制メール、SNS(フェイスブック、ツイッター)では「即時音声合成メッセージ」と表記されますが、音声によるメッセージを聞くことはできません。  

 なお、音声によるメッセージを聞きたい場合、コミュニティFM(FMポコ)による割り込み放送やホームページ(福島市防災ウェブサイト)の音声読み上げ機能を利用することで聞くことができます。

 

弾道ミサイル発射時の行動等について

 弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で日本に飛来します。Jアラートによるミサイル発射情報・避難の呼びかけがあった場合は、直ちに次のとおり行動してください。

 

避難行動フロー

 

 

福島県リーフレット

弾道ミサイル発射時の行動について

緊急情報の流れについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・弾道ミサイル発射時の行動について (PDF:121KB)           ・緊急情報の流れについて(PDF:280KB)

 Q&A弾道ミサイル発射時のメッセージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・弾道ミサイル発射時のメッセージ(PDF:242KB)             ・Q&A(PDF:201KB)

 

 

その他、国民保護ポータルサイトより

「弾道ミサイル落下時の行動について」(外部サイトへリンク)

「弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A」(外部サイトへリンク)

 

弾道ミサイルに関してJアラートを使用する場合

弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。

政府は、北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性があると判断した場合には、全国瞬時警報システム (Jアラート)を使用し、緊急情報を伝達します。

 

「Jアラートによる弾道ミサイル情報の伝達について」(外部サイトへリンク)

「Jアラートによる弾道ミサイル情報の伝達に関するQ&A」(外部サイトへリンク)

 

弾道ミサイルに関してJアラートを使用しない場合

政府は、日本の領土・領海に落下する可能性又は領土・領海を通過する可能性がないと判断した場合は、Jアラートは使用しません。 なお、この場合、日本の排他的経済水域(EEZ)内にミサイルが落下する可能性があるときは、Jアラートは使用しませんが、船舶、航空機に対して迅速に警報を発します。

 

 その他

その他国民保護に関する情報は、国民保護ポータルサイト(外部サイトへリンク)をご覧下さい。

 ※国民保護ポータルサイト英語版はこちら(外部サイトへリンク)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

市民安全部危機管理室防災係

福島県福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3793

ファックス:024-536-4370

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?