ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

非常時の持ち出し品

避難時に持ち出したいものを欲張りすぎると安全な避難に支障をきたすことになります。非常食は3日間程度を目安にし、できるだけ最小限に抑えましょう。
以下のリストは参考例です。家族構成等を考えて工夫してください。また、印刷してチェックリストとしても活用できます。

非常時に持ち出すもの準備イメージ画像

非常時の持ち出し品参考例
品名 確認欄
[貴重品]
現金(小銭も必要)  
権利証書(写しでも可)  
預貯金通帳(写しでも可)  
免許証(写しでも可)  
健康保険証(写しでも可)  
印鑑(認め印)  
〔非常食品〕
乾パンやクラッカー(3日分。消費期限に注意)  
缶詰(3日分。消費期限に注意)  
缶切り(ナイフ付きであればより良い)  
水(3日分。消費期限に注意)  
水筒  
〔応急医薬品〕
常用薬(病人やお年寄りなどのため)  
傷薬(使用期限に注意)  
胃腸薬(使用期限に注意)  
救急ばんそうこう(使用期限に注意)  
目薬(使用期限に注意)など  
〔日用品〕
携帯ラジオ  
懐中電灯(ローソクでも代用可)  
予備の電池(多めに)  
防塵マスク  
軍手  
マッチやライター  
使い捨てカイロ  
ポケットティッシュ  
生理用品(女性)  
紙おむつ、粉ミルク(乳幼児)  
めがねなど  
〔衣類〕
上・下着  
タオル  
雨具 雨合羽など  

このページに関するお問い合わせ先

市民安全部危機管理室防災係

福島県福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3793

ファックス:024-536-4370

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?