ホーム > 健康・福祉 > 新型コロナウイルス感染症 > 支援 > 新型コロナウイルス感染症の発生に伴う母子父子寡婦福祉資金貸付金の生活資金の貸付について

ここから本文です。

更新日:2020年4月17日

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う母子父子寡婦福祉資金貸付金の生活資金の貸付について

新型コロナウィルス感染症の発生に伴い、子どもが在籍する保育所や学校等の臨時休業、事業所等の休業などにより、保護者の就業環境が変化し、一時的に就労収入が減少し、日常生活に支障をきたすひとり親世帯の方は、母子父子寡婦福祉資金貸付金における、生活資金(生活安定貸付期間及び失業貸付期間に係る貸付)の利用が可能です。

貸付限度額

月額105,000円(無利子)

活用できる方

母子(父子)福祉資金

20歳未満の児童を扶養している配偶者のいない女子(男子)
20歳未満の父母のない児童
配偶者のいない女子(男子)が扶養している児童

寡婦福祉資金

母子家庭で子どもが成人した母親など

このページに関するお問い合わせ先

こども未来部こども家庭課こども家庭係

福島県福島市森合町10番1号 福島市保健福祉センター内

電話番号:024-525-3780

ファックス:024-572-3417

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?