ホーム > 市政情報 > 広報 > 画像・動画で見る福島 > 「古関裕而のまち福島市を楽しもう!」(8月放送)

ここから本文です。

更新日:2020年9月1日

「古関裕而のまち福島市を楽しもう!」(8月放送)

8月放送分OA画面

8月放送分:古関裕而のまち福島市を楽しもう!(WMV:54,584KB)

ナレーション

日本を代表する作曲家、古関裕而。
福島市に生まれ、「栄冠は君に輝く」など生涯5千を超える曲を作りました。

リポーター

福島市内には古関裕而さんに関するスポットがたくさんあります。こちらの古関裕而記念館もその一つです。

ナレーション

この記念館は古関裕而さんの業績をたたえ、古関メロディーを伝える拠点として昭和63年にオープンしました。
館内には古関裕而さんと妻の金子さんの生涯を紹介するパネルを始め、およそ600点の資料が展示されています。

リポーター

再現された古関さんの書斎です。こういった雰囲気の中で作曲されていたんですね。

ナレーション

こちらでは、「エール」のドラマセットや衣装、小道具などを期間限定で展示しています。

リポーター

せっかくどうも。

ナレーション

古関裕而まちなか青春館にも、11月末までの期間限定で古関さんの多彩な素顔に出会える展示を行っています。

リポーター

こちらの古関裕而まちなか青春館、どのようにしてスタートしたのでしょうか?
古関裕而まちなか青春館ボランティアガイド 上村悠さん
一番はですね、古関裕而というのは皆さんが知っているよりもはるかに優れた作曲家なんですよね。それを分かってもらうためにここを作りました。
中はですね、どのようにして古関さんが育ったかという福島の生まれ育った環境や街を再現しまして、愛情に育まれた家族の皆さんの紹介、それから古関さんが歩かれた独学の音楽の道を、資料によって展示しています。

ナレーション

中でも注目が古関さんの実家である喜多三呉服店の看板当時使われていた看板を初公開しています
福島市陣場町にある「太陽堂麦せんべい本舗」は昭和2年創業。昭和レトロな麦せんべいはドラマ「エール」にも登場したお菓子です。

リポーター

それではいただきます!このパリッとした音!いただきます。この歯ごたえ!噛めば噛むほど優しい味が出てきます。美味しい!

ナレーション

古関さんにちなんだこんな商品も。
福島市上町にあるPentonoteでは古関裕而さんが使用していた消しゴム付き鉛筆の復刻版を販売。
古関裕而さんが指揮をするポストカードもあります。
さらに、カフェもあります。古関裕而さんが生まれ育った街を眺めながら、ゆっくりと時を過ごすのも
いいかもしれませんね。
作曲家古関裕而。その魅力を満喫できる福島市に、ぜひお越しください

Windows Media Playerのダウンロードページへ

動画形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Windows MediaPlayerが必要です。Microsoft Windows MediaPlayerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

政策調整部広聴広報課 

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3710

ファックス:024-536-9828

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?