ホーム > 市政情報 > 広報 > 画像・動画で見る福島 > 【動画】「開かれた市政へ~ふくしま元気トーク~」(6月放送)

ここから本文です。

更新日:2018年7月1日

【動画】「開かれた市政へ~ふくしま元気トーク~」(6月放送)

ふくしま元気トークoaimage01

動画を見る(WMV:54,655KB)

 ナレーション

先月12日、福島市役所で「ふくしま元気トーク」が行われました。これは、市長が市民から直接、市政に関する意見を聞くもので、1回目のテーマは「ボランティアを語ろう!!」です。
参加者は、福島市内でボランティア活動を行っている団体の代表の皆さんです。

福島市長

開かれた市政のまず大事なのは、何といっても、市民の皆さんから声を聞くこと。それから、その次にやはりコミュニケーション。それで相互理解の上で福島のさまざまなまちづくりの活動に参加いただく。これがこれからの福島市に大切な姿かな、というふうに思っています。

ナレーション

子育て支援のボランティアを行っている鈴木さんからは、このような意見が出されました。

吉井田まみい広場 鈴木純子さん

本当に子育てもしやすく、まちも輝いていけるような、そんな形でどんどん政策が変わっていけばいいかなあ、とは思うんですが、そのへんをお願いしたくて本日は参りました。

ナレーション

同じく、子育て支援ボランティアの古関さんからは、子どもたちの見守りについての意見です。

なかよしぴよぴよ広場 古関久美子さん

市民の、地域の皆さま方も、例えば子どもが登校する時に外に出て花に水をやるとか、ゴミを出す時間を合わせるとか、あと、子どもさん達が帰ってくる時間に合わせて犬の散歩に行くとか、ご自分が散歩に行く。地域の住民がみんな出来ることをして見守る。子どもが住みやすい社会というのは、みんなが住みやすい社会、と言われています。

福島市長

子育てしやすいまちづくりとか環境づくりとかのお話がありました。これはさまざまなシステムの問題にも関わってくると思うんですが、ボランティアというだけで整理するのではなくて、地域としていかに関わって、そういう環境を作り出すという問題があったのかな、という気はいたします。

ナレーション

スポーツイベントの支援など、スポーツボランティアを行っている齋藤さんは、こんな問題を抱えていました。

うつくしまスポーツルーターズ 齋藤道子さん

どこの団体さんもあるのかもしれないんですが、後継者の問題とか、高齢化の問題とかっていうのは、確かに私どものほうでもあります。若い方もやはりオリンピック効果で入ってきていただいて、そこは大変ありがたく思っていますが、ボランティアにおいては、もうちょっとどんどん手が挙がってくるといいな、という風に、課題と考えています。

福島市長

じゃあどうやったら人の確保、あるいはもうちょっと若い人を呼べるの、というようなことを皆さんでなんかいいアイディアがあったらまた出してほしいな、と。

なかよしぴよぴよ広場 古関久美子さん

今のやり方をそのまま固持していく、ということではもうパンク状態。今の時代に合ったボランティア、今の時代で無理なくできる形に変えていくっていうことは、とても大事だと思います。

ナレーション

ふくしま花案内人の河野さんからは、こんな意見が出ました。

ふくしま花案内人 河野恵夫さん

花見山でも、洋式トイレありませんか、とお客様に声をかけられることが結構あるんですね。そういうトイレというのが私たちには、困ってきた一つだったんですけども。

ナレーション

活発な意見が交わされました。

ふくしま花案内人 河野恵夫さん

今日を機会に、ボランティアの団体が横のつながりが出来て、多くのお客様をようこそ、というふうに歓迎出来たらというふうに思っております。

うつくしまスポーツルーターズ 齋藤道子さん

私も本当に知らなかったので、たくさんのボランティア団体があるということを。いかにオール福島体制をとれるかっていうことが大きいのか、と思ってすごくわくわくしました。

福島市長

具体的に今日もいろんなご提案もありましたし、私も提案しました。それをやっぱり一つ一つ関係する人たちに働きかけてやってもらうとか、市は市で、市の行政として取り上げていく、それはちゃんとフォローして、やっていきたいと思います。

Windows Media Playerのダウンロードページへ

動画形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Windows MediaPlayerが必要です。Microsoft Windows MediaPlayerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

政策調整部広報課 

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3710

ファックス:024-536-9828

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?