ホーム > くらし・手続き > 国保・年金・後期高齢 > 国民健康保険 > 給付・保健事業 > わたしの人生ノート~これまでの、そしてこれからのわたし~

ここから本文です。

更新日:2019年9月17日

わたしの人生ノート~これまでの、そしてこれからのわたし~

”もしも”治らない病気などになったら

”もしも”自分の気持ちを伝えられなくなったら

あなたはどうやって気持ちを伝えますか?

自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるようにするため「わたしの人生ノート」を作成いたしました。

あなたの家族や大切な人と一緒に話し合い、作成してみてください。

また、「わたしの人生ノート~携帯版~」は、身につけたり、健康保険証や安心手帳などと一緒に保管しておきましょう。

「わたしの人生ノート」、「わたしの人生ノート~携帯版~」は下記からダウンロードできます。

印刷方法(表紙):用紙サイズA3、両面印刷(短辺綴じ)

印刷方法(本文):用紙サイズA4、両面印刷(長辺綴じ)

印刷方法:用紙サイズB4、両面印刷(短辺綴じ)、上下で2冊分印刷されますので、はさみ等で切ってお使いください。

人生会議(ACP:アドバンス・ケア・プランニング)

これからの治療・ケアに関する話し合い「人生会議」があります。

~わたしの希望する、人生の最終段階の医療・ケアについて話し合ってみませんか~

誰でも、いつでも、命に関わる大きな病気やケガをする可能性があります。

命の危険に迫った状態になると、約70%の方が、医療やケアなどを自分で決めたり望みを人に伝えたりすることが、できなくなると言われています。

自らが希望する医療やケアを受けるために大切にしていることや望んでいること、どこでどのような医療やケアを望むのかを自分自身で前もって考え、周囲の信頼する人と話し合い、共有することが重要です。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部国保年金課国保給付係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3773

ファックス:024-528-2478

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?