ホーム > くらし・手続き > 国保・年金・後期高齢 > 国民健康保険 > 給付・保健事業 > 平成30年度国保特定健康診査・特定保健指導

ここから本文です。

更新日:2018年5月7日

平成30年度国保特定健康診査・特定保健指導

福島市民に多い「心筋梗塞」予防のため
特定健康診査を受けましょう。

「特定健康診査」は、医療保険者(国保、社会保険、共済組合等)が、40歳以上75歳未満の加入者のかたを対象におこなう生活習慣病等の予防の健診です。福島市国民健康保険にご加入のかたは、福島市が特定健康診査、特定保健指導をおこないます。年に1度は健診を受けて、ぜひご自身の健康管理にお役立てください。福島市国民健康保険以外の保険に加入しているかたは、各医療保険者へお問い合わせください。
「特定健康診査」では、腹囲測定、血液検査などで、内臓脂肪の蓄積や動脈硬化の進行具合がわかります。心筋梗塞、脳卒中、腎不全等の重大な病気を防ぐため、高血圧、糖尿病、脂質異常症等の早期発見、早期治療をするものです。からだの小さなサインを早めに見つけて、予防にいかしましょう。体の状態は変化するので、毎年健診を受診することをおすすめします。

ももりんのイラストももりんのイラスト

特定健康診査

特定健康診査の対象となるかた

福島市国民健康保険にご加入の40歳から75歳未満のかた

※75歳の誕生日以降は、後期高齢者健診となります。

※平成30年4月までに福島市国民健康保険に加入のかたの受診券は、がん検診等各種検診の受診券と一緒に自動的に郵送しております。5月以降に福島市国民健康保険に加入されたかたは、受診券をお送り致しますので、各支所、国保年金課窓口でお申し込みください。

特定健康診査の対象とならないかた

  • 福島市国民健康保険の被保険者でなくなったかた
  • 妊産婦のかた
  • 病院または診療所に6ヵ月以上継続して入院しているかた、障がい者支援施設、養護老人ホームまたは特別養護老人ホーム、介護保険施設等へ入所しているかたなど

実施回数

当該年度において一人1回

健診方法と期間

個別健診(医療機関):6月1日(金曜日)から10月31日(水曜日)まで
集団健診(各地区学習センター等):6月11日(月曜日)から10月19日(金曜日)まで

受診のしかた

  1. 個別健診か集団健診のいずれかを選択してください。
  2. 集団健診は予約はいりません。個別健診は、医療機関への予約が必要です。
  3. 受診する時は、「国民健康保険証」と「受診券」を忘れずにご持参ください。

自己負担費用

無料

※平成30年度から無料になりました。

健診項目

問診、身体計測、身体診察、尿検査、血圧測定、血液検査(脂質、糖、肝機能、腎機能)

※貧血、眼底検査、心電図検査は、個別健診では、医師の判断のもとに実施され、集団健診では、前年度の健診結果から条件該当者のみの受診となります。

その他

がん検診等各種検診も、特定健診と同時に実施しています。
がん検診等各種検診のお問い合わせは、健康推進課成人保健係(電話:024-525-7680)までお願いします。

※県外に自主避難されているかたで、避難先で国保特定健康診査の受診を希望されるかたは、県外受診専用の受診券が必要です。福島市国保年金課までご連絡ください。受診可能な医療機関は、関連リンク「福島県国民健康保険課」に記載の特定健診実施機関一覧から避難先の都道府県を選んで下さい。

健診結果

特定健康診査の結果は、受診した機関から必ずもらってください。結果が受診勧奨値のかたは、かかりつけの診療所等を受診することをお勧めします。

特定保健指導

特定保健指導の対象者となるかたは、生活習慣病のリスクが高いかたですが、今ならば生活習慣の改善で予防できる可能性が高いかたでもあります。特に腹囲や体重を減らすことで、検査結果が改善していく可能性が高い状況です。少しの生活習慣の改善が、日々の積み重ねで大きな変化をもたらしてくれます。ぜひ、そのコツをつかめるように特定保健指導をご利用ください。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部国保年金課国保給付係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3773

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?