ここから本文です。

更新日:2018年3月19日

入院時食事療養費

市民税非課税世帯のかた等は、入院時の食事代について1食当たりの自己負担額が減額されます。入院前に「標準額減額認定証」の申請が必要です。
また、すでに支払った食事代については、申請により自己負担額との差額を支給します。

食事の自己負担額については次のとおりです。

入院時食事療養費
一般 (注1)1食460円
市民税非課税世帯 入院90日以下

1食210円

入院91日以上

1食160円

低所得1(70歳以上のみ)

1食100円

(70歳以上の「低所得2」に該当するかたの自己負担額は、市民税非課税世帯の額になります。)

(注1)平成30年3月31日までの診療分については1食あたり360円です。

申請方法

標準負担額減額認定証の交付を受ける場合

これからご入院されるかたは、市役所国保年金課もしくはお近くの支所・出張所の窓口で「限度額適用・標準負担額減額認定申請書」をお出しください。

支所・出張所で申請した場合は、世帯主宛に後日郵送されます。直接受取りたいかたは市役所国保年金課へお越しください。
(同一世帯親族以外の代理人の場合は、委任状が必要です。)

標準負担額減額認定証の交付を受けたら、すぐ入院している医療機関へ提示してください。提示が遅れた場合、医療機関窓口での減額が受けられないことがあります。

申請書は下記リンクからダウンロードできます。

申請書のダウンロードヘ

すでに支払った食事代の差額を申請する場合

すでに医療機関へ支払った食事療養費については、市役所国保年金課もしくはお近くの支所・出張所の窓口で「国民健康保険食事療養標準負担額減額差額支給申請書」をお出しください。

請求できる期間は、医療機関へ支払った日から2年間です。

申請書は下記リンクからダウンロードできます。

申請書のダウンロードヘ

対象世帯

世帯主および国民健康保険に加入している全員が市民税非課税の世帯。

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部国保年金課国保給付係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3773

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?