ホーム > よくある質問 > くらし・手続き > 国保・年金・後期高齢 > 国民健康保険からの給付 > 高額療養費の自己負担限度額の1パーセントはどのような計算になるのですか。

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

高額療養費の自己負担限度額の1パーセントはどのような計算になるのですか。

回答

1パーセントの計算式は【医療費の総額(10割額)-267,000円(上位所得者は558,000円または842,000円)】×0.01です。

計算例(一般世帯【ウ】の場合)

医療機関での請求額(3割額)を300,000円と仮定した場合、医療費の総額(10割額)は1,000,000円となります。
その際の1パーセントの計算は(1,000,000円-267,000円)×0.01=7,330円となり、自己負担限度額は80,100円+7,330円=87,430円となります。

関連ページ

高額療養費

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部国保年金課国保給付係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3773

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?