ホーム > よくある質問 > くらし・手続き > 国保・年金・後期高齢 > 国民健康保険からの給付 > 海外で病院等へかかった医療費は請求できますか。

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

海外で病院等へかかった医療費は請求できますか。

回答

海外渡航中に病気やけがで病院等へかかった場合、申請により支払った医療費の7割(もしくは8割、9割、10割)が世帯主に支給されます。
支給の対象となるのは、日本での保険診療が認められているものに限ります。
病院等の医師の証明が必要となりますので、事前に国保年金課へご相談ください。

提出書類

国民健康保険療養費支給申請書

申請に必要なもの

  • 診療内容明細書(医師の証明)
  • 診療内容明細書の日本語翻訳文(どなたが翻訳してもかまいません)
  • 領収明細書(医師または病院などの現地で支払った医療費の証明)
  • 領収明細書の日本語翻訳文(どなたが翻訳してもかまいません)
  • 現地発行の領収書など
  • 現地発行の領収書などの日本語翻訳文(どなたが翻訳してもかまいません)
  • 病院にかかったかたの国民健康保険被保険者証
  • 病院にかかったかたのパスポート
  • 世帯主の預金通帳など振込先がわかるもの
  • 世帯主の印鑑(認印でも可。シャチハタなどスタンプ印は不可。)

申請できる期間

医療費を支払ってから2年間

申請窓口

国保年金課、各支所・出張所

その他

申請から支給まで約2か月から3か月程度かかります。

関連ページ

国民健康保険から受けられる給付

国民健康保険療養費支給申請書

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部国保年金課国保給付係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3773

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?