ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 育児相談 > 児童虐待防止について

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

児童虐待防止について

児童虐待を見つけたら、気づいたら、最寄の機関までご連絡ください。

児童虐待とは、18歳未満の子どもに対して、親または親にかわる養育者・同居人などが、子どもの心身を傷つけ、健全な成長や発達を妨げる次の行為をいいます。
虐待であるかどうかは、親の意向にかかわらず、子どもの視点で判断します。

身体的虐待

身体に傷や苦痛を与えたり、生命に危険があるような暴行行為

性的虐待

性的ないたずらや性的関係の強要など

養育の怠慢・放棄(ネグレスト)

食事を与えない、身の回りの世話をしないなど

心理的虐待

言葉の暴力・無視・差別など(配偶者への暴力を子どもの前でおこなうことや、子どもに著しい心理的外傷を与える言動をおこなう事などを含む)

虐待が疑われるとき

  • 親がいると怯えた様子を見せたり、「なんとなく変だな」と感じたとき
  • いつも不自然な傷があるとき
  • 衣服や身体がいつも汚れているとき
  • 小さな子どもを置いたまましょっちゅう外出しているとき

虐待を発見したり、お気づきのかたは連絡をお願いします。
お知らせいただいたかたの秘密は守ります。

要保護児童発見者の通告義務

児童虐待を発見した場合や虐待かもしれないと疑いを持った場合、児童相談所や福祉事務所に相談(通告)しましょう。相談(通告)者の秘密は守られます。
(児童福祉法第25条・児童虐待防止法第6条及び7条)

通告先

市役所こども政策課内 家庭児童相談室
電話:024-525-3780

児童相談所 全国共通ダイヤル 電話:189(お近くの児童相談所につながります)

福島県中央児童相談所
電話:024-534-5101

このページに関するお問い合わせ先

こども未来部こども政策課こども家庭係

福島県福島市森合町10番1号 福島市保健福祉センター内

電話番号:024-525-3780

ファックス:024-572-3417

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?