ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 学校給食 > 学校給食試食体験会・食育ワークショップを開催しました(令和元年10月7日更新)

ここから本文です。

更新日:2019年10月7日

学校給食試食体験会・食育ワークショップを開催しました(令和元年10月7日更新)

福島市教育振興基本計画及び福島市食育推進計画における食育に関する啓発・普及推進の一環として、子どもたちの望ましい食生活を実践していく力(食べる力)をはぐくむことを目的に、学校給食試食体験会と学校給食調理職員を中心としたワークショップ(調理実習)を実施しましたのでその内容についてお知らせします。

学校給食試食体験会

  1. 実施日 令和元年8月3日(土曜日)
  2. 会場 子どもの夢をはぐくむ施設 こむこむ 1階 にぎわい広場
  3. 対象者 令和2年度に小学校へ入学する予定の児童とその保護者29組82名
  4. 試食の献立 ごはん、牛乳、ポークカレー、かみかみ和風サラダ、ピーチコンポート

試食の前には、学校給食調理職員から本日のメニューと、日ごろの給食業務についての説明を行いました。さらに、公益財団法人福島県学校給食会の井間眞理子先生より、「箸の持ち方」についての食育講話をいただき、実際に箸を使いながら、正しい箸の持ち方を親子で確認しました。

1 

2  3

食育講話の後に、給食の試食を行いました。給食の調理は、北部学校給食センターが担当しました。

4  5

食育ワークショップ

令和元年8月3日(土曜日)、こむこむ3階子どもキッチンにおいて、小学校3年生から6年生の子どもたち10名が、学校給食で人気のメニューづくりに挑戦しました。

ワークショップの特徴

  • (1)学校給食で実際に提供しているメニューを採用しました。
  • (2)企画立案の段階から学校給食調理職員(9名)が参画しました。
  • (3)ワークショップでは、実際に学校給食調理職員が調理のアドバイスを行いました。
  •  

調理実習のメニューについて

「サラダでげんき」りっちゃんサラダ

小学校1年生国語の教科書(東京書籍「新編 あたらしい こくご 一下」)に登場する「サラダで げんき」というお話の中で、主人公のりっちゃんがつくるサラダです。本市の学校給食では、平成14年度頃からお話を参考にサラダを再現し、提供しています。

(お話の要旨)

主人公のりっちゃんが、病気のおかあさんのためにサラダをつくりはじめますが、そこへ動物達がやってきて、りっちゃんにサラダづくりのアドバイスをしていきます。できあがったサラダを食べたおかあさんは、たちまち元気になりました。

「サラダでげんき」りっちゃんサラダの作り方(PDF:183KB)

手づくりふりかけ

小魚、ごま、塩こんぶなど、かみごたえのある材料を使った、実際に学校給食でも提供しているふりかけです。調味料は、使いません。たくさん作っておくと、朝ごはんやお弁当にとても便利です。

手づくりふりかけの作り方(PDF:165KB)

 

8  7

 

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局教育施設管理課学校給食係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3706

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?