ホーム > しごと・産業 > 農林業 > 農林業振興 > あづまの里「荒井」づくり地域協議会

ここから本文です。

更新日:2019年6月18日

あづまの里「荒井」づくり地域協議会

あづまの里「荒井」づくり地域協議会とは

あづまの里「荒井」づくり地域協議会(以下、「協議会」という)は、“「荒井」元気にすっぺ!”を実現するために「ふるさとづくり計画」を策定実施し、あづまの里「荒井」の地域ブランド確立を図ることを目的としています。

協議会の活動事項

  1. 景観形成作物の栽培:活用畑(砂田、目増、北原、上鷺、山田(田))の管理、蕎麦・菜の花・大豆・酒米栽培
  2. 農産物の販売:手打ち蕎麦・菜種油・大豆・焼酎・酒販売、6次化推進
  3. 地域との連携事業:催事出店、体験交流会、銀座ミツバチプロジェクト連携
  4. 会員募集・研修活動:会員募集、情報発信、研修会開催、会員交流

協議会の沿革

  • 平成20年7月25日、愛宕原景観畑懇談会、福島市観光開発株式会社西事務所(四季の里)、土湯温泉観光協会、荒井地区町会連合会及び福島市農政部農林整備課で構成組織されました。
  • 平成20年度農地等整備・保全推進事業費補助金等(農山漁村地域(ふるさと)地域力発掘支援モデル事業/事業費1,050千円(国庫補助金950千円))により、多様な主体を地域づくりの新たな担い手として捉え、これらの協働により、農山漁村生活空間の保全・活用を図ることを通じ、持続可能で活力のある農山漁村を実現するモデル的な取組を実施しました。
  • 平成29年11月22日、平成29年度東北農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」に選出されました。これは、東北農政局管内から応募のあった86団体の中から10団体が選出され、福島県からは唯一の選定でした。

協議会の対外的活動

協議会の6次化商品

  • 手打ち蕎麦(荒井産そば、イベント時、かき揚げ付十割蕎麦)
  • 菜種油「あづまの里の菜の花油」(荒井産アサカノナタネ100%)270g
  • 荒井産蕎麦焼酎「あづま」720ml
  • 純米吟醸酒「精一杯」720ml・1,800ml

 

手打ちそば

菜種油、蕎麦焼酎、日本酒

手打ち蕎麦

菜種油、蕎麦焼酎、純米吟醸酒

 

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

農政部農林整備課農業施設係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3728

ファックス:024-533-2725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?