ここから本文です。

更新日:2019年1月28日

福島市農業賞

福島市農業賞とは

 福島市農業賞は、平成2年度に創設し、農業に意欲的に取り組み、顕著な実績をあげている農林業者および団体等を表彰するものです。これまでに52名の個人と16の団体を表彰しております。

福島市農業賞に「農業奨励賞」を新設しました!

 平成30年度、本市の基幹産業である農業を持続的に発展させるため、若手や地域活性化に貢献された方を対象とする「農業奨励賞」を新設しました。次世代を担う若手にも光を当て、幅広い農業者がお互いに技術の向上を図り活躍していただくことで、本市の農業全体の活性化を目指します。

農業奨励賞 

 次世代農業者部門

 … 地域農業の担い手として活躍が期待され、就農希望者や新規就農者の模範となる「次世代農業者」を表彰します。

● 地域活性化部門  

 … 6次産業化、食農活動、農地の保全活動などの活動を積極的に展開している農業者や団体を表彰します。

 

平成30年度 福島市農業賞 表彰式を開催しました!

 平成31年1月17日(木)、福島市とJAふくしま未来との共催で開催した「福島市農始祭」において表彰式を執り行いました。

農業賞 営農集団部門・・・水保地区遊休農地対策協議会 様 

 市内水保地区の農地の利用集積や遊休農地の解消を図るため、地域が一体となって農地の保全活動に取り組んでこられました。これまでに52ha余りの農地を集積・貸付けを行うことで、耕作放棄地の解消や鳥獣被害の防止にもつながるなど、地域農業の持続的な発展に資する取り組みとして大きな功績を挙げられました。

 

農業奨励賞 次世代農業者部門・・・橘内 義知 様、望 様 ご夫妻  

 家業の後継者として就農以来、先進地域の調査研究や新しい技術への挑戦など担い手として研さんを積まれております。加えて、風評被害の払拭に向けて、生産者の立場から樹木除染の実施や勉強会の開催など精力的に取り組むなど、今後、地域農業の中心的な役割としてのご活躍が期待されます。

 

農業奨励賞 地域活性化部門・・・油井 健治 様、妙子 様 ご夫妻 

  ご夫妻で経営している「もんぞう農園」のりんごを使ったジュースのラベルデザインを福島西高校の生徒と協働で行うなど、次世代に「地域を知り、地域を学ぶ」機会の創出に努められております。またお二人は、福島市市民農園管理組合長や、女性認定農業者会の初代会長などとして、個々の活動でも地域農業の活性化に貢献いただいております。

 

 受賞者全員

前列左より 木幡市長、油井妙子様、水保地区遊休農地対策協議会 会長 後藤勇一様、橘内望様、福島市議会 半沢議長

後列左より 農業委員会宍戸会長、油井健治様、水保地区遊休農地対策協議会 梅津松一郎様、橘内義知様、JAふくしま未来菅野組合長、県北農林事務所佐藤所長

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

農政部農業企画課農政企画係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3726

ファックス:024-533-2725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?