ホーム > よくある質問 > しごと・産業 > 農林業 > 認定農業者制度とは、どのような制度ですか?

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

認定農業者制度とは、どのような制度ですか?

回答

制度概要

農業経営基盤強化促進法に基づき、市町村が地域の実情に即して効率的・安定的な農業経営の目標等を内容とする基本構想を策定し、この目標を目指して農業者が作成した農業経営改善計画を市町村が認定する制度です。

認定農業者に対しては、農業経営改善計画の達成を支援するため、関係機関・団体が様々な施策を重点的に実施しています。

認定要件

次の要件を満たしている農業者が認定されます。

  1. 認定申請書の内容が「基本構想」に照らして適切であること。
  2. 認定申請書に記載した目標を達成する確実性があること。
  3. 原則として、専業または第1種兼業農家で、年間150日以上の農業従事者がいること。
  4. 作付け地の集団化、農作業の効率化など農用地の総合的な利用を図っていること。

認定の手続き

福島市農業サポートセンター(新ふくしま農業協同組合内 電話番号:024-554-5545)または福島県県北農林事務所農業振興普及部(電話番号:024-535-0452)、酪農のかたは福島県酪農業協同組合県北支所(電話番号:024-565-2448)までご相談ください。

このページに関するお問い合わせ先

農政部農業企画課農政企画係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3726

ファックス:024-533-2725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?