ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

いかにんじん

料理の写真

材料

  • にんじん:300グラム
  • スルメ:1枚
  • 塩・砂糖:少々
  • 酒:少々
  • 漬けだれ
    しょう油:100cc
    砂糖:大さじ2分の1
    みりん:小さじ2分の1
    酒:小さじ2分の1
    (各家庭の好みで調整してください)

作り方

  1. スルメは、横に3~4等分に切り(3~4センチメートル)、さらにそれを縦に適当な太さに切る。さっと水洗いをして、水気を切り、酒をふりかけて30分~1時間くらいおく。
  2. にんじんはスルメと同じくらいの長さに切り、全体に塩・砂糖をふり軽くもんで、30分~1時間くらいおく。おいたあと、水で塩気をしっかり洗い流す。(パリっとなります。)
  3. 鍋に漬けだれの材料を入れて、火にかけ沸騰する直前に止めて冷ます。冷めたら、1と2の具を入れて混ぜ、軽い落し蓋をして2~3日漬け込む。

ふくしま食のたくみからひと言-佐藤善井さん-

今では、年間を通じて食べるようになりましたが、冷蔵庫が普及していなかった頃は、いかにんじんは、冬の寒い時期の料理でした。子どもの頃はいかにんじんを食べる頃になると、正月が近づいたと思ったものです。どんな美味しいものがあっても、正月には欠かせない料理で北海道の松前漬けのルーツとも言われています。

長にんじんを使うと、さらにおいしく出来ます。

食べる時期

お正月、日常

このページに関するお問い合わせ先

農政部農業振興室6次化係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-529-7663

ファックス:024-533-2725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?