ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

みそかんぷら

料理の写真

材料

  • じゃが芋:1キログラム(小さめのもの)
  • 砂糖:110グラム
  • 味噌:110グラム
  • 油:適量

作り方

  1. じゃが芋は皮をつけたままよく洗い、少しかためにゆでるか蒸す。(小さめのじゃが芋がなければ、小さめに切ってから使う)
  2. 多めの油で炒め、串が通るようになったら、余分な油を捨てる。
  3. 砂糖・味噌を加えて、よく味がしみるまで炒め煮する。
    ※直接、油でじっくりと揚げてもよい。
    ※最後に青じそなどをきざんで、彩りとしてかけてもよい。

ふくしま食のたくみからひと言-加茂マサさん-

じゃが芋のことを福島弁で「かんぷら」とよんでいた事から、この名がついたらしいです。じゃが芋は食料難の時代に米の代用食としてよく食べられていました。小さい芋や大きすぎる芋は、販売にはならないので、その活用にもなり、甘じょっぱい味つけが、おやつとしても喜ばれていました。

このページに関するお問い合わせ先

農政部農業振興室6次化係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-529-7663

ファックス:024-533-2725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?