ホーム > しごと・産業 > 農林業 > 農業委員会 > 農地 > 「空き家に付随した農地」の取得がしやすくなりました

ここから本文です。

更新日:2020年5月22日

「空き家に付随した農地」の取得がしやすくなりました

「空き家に付随した農地」の別段の面積の設定について

福島市では、農地の権利を取得する際の別段の面積を40アールに設定しておりますが、令和2年2月18日に開催された農業委員会総会において、「空き家に付随した農地」の権利の移転及び権利設定については、別段の面積は、0.01アールに設定し、令和2年3月1日より「福島市空き家に付随した農地の別段面積取扱要綱」を施行いたしました。
これは、人口減少、農家の高齢化、後継者不足等により遊休農地化が進んでいることから、定住促進及び遊休農地の解消を目的としています。

別段の面積を設定している「空き家に付随した農地」

現在、別段の面積を設定している「空き家に付随した農地」は次のとおりです。

空き家バンクに登録された空き家の所在

空き家に付随した農地

山口字文知摺前28-1

山口字文知摺前27-1

 

「空き家に付随した農地」の主な適用条件

「空き家に付随した農地」として指定を受けるためには、次のすべての要件を満たす必要があります。

  • 適用する時点で空き家に付随した農地が遊休化している又は遊休化するおそれがあり、かつ、当該農地等の周辺の農地の農業上の効率的かつ総合的な利用の確保に影響を与えないと認められること。
  • 空き家及び空き家に付随した農地の所有者は、同一であること。ただし、所有者が死亡し、その相続人が明らかである場合又は農業委員会が認めた場合はこの限りでない。
  • その他農地法第3条の権利移動要件を満たす農地であること。
  • 空き家と農地の権利の移転及び権利設定については、空き家と農地を同様の取得又は貸借の権利設定とすること。
  • 譲受人が自然人であり、当該人に対し1回限りであること。

詳しくは、農業委員会事務局までお問い合わせください。

申請から許可までの流れ

「空き家に付随した農地」の指定申請から解除までの流れは次のとおりです。

  1. 事前相談:原則、窓口でご相談ください。
  2. 空き家バンクの登録申込:空き家バンク担当部署にてご相談ください。
  3. 空き家に付随した農地の指定申請:毎月22日から28日までが受付期間です。(休日の場合は、翌開庁日まで)
  4. 農業委員会総会で議決:許可・不許可の意思決定をおこないます。
  5. 指定決定の通知:申請者の印鑑をご持参の上農業委員会までお越しください。
  6. 別段の面積の公告:空き家に付随した農地を公告します。
  7. 空き家と農地の交渉・契約:所有者と購入・貸借希望者間で交渉・契約ください。
  8. 農地法第3条の規定による許可申請:毎月22日から28日までが受付期間です。(休日の場合は、翌開庁日まで)
  9. 農業委員会総会で議決:許可・不許可の意思決定をおこないます。
  10. 許可書の交付:申請者の印鑑をご持参の上農業委員会までお越しください。
  11. 所有権移転登記(売買の場合):法務局にて所有権移転登記をおこないます。

関係書類

「空き家に付随した農地」の指定申請

「空き家に付随した農地」の指定を受ける際に必要です。

その他、申請土地の登記簿謄本、公図の写し、所在地図、現地写真の添付が必要です。

 

「空き家に付随した農地」の農地法第3条の規定による許可申請

「空き家に付随した農地」として指定を受けた農地の権利を取得する際に必要です。

その他、農地法第3条の規定による許可申請に係る書類、空き家に居住することが確認できる書類等の添付が必要です。

 

「空き家に付随した農地」の指定解除

「空き家に付随した農地」の指定を解除する際に必要です。

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

各委員会農業委員会事務局農地係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3779

ファックス:024-533-2725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?