ホーム > しごと・産業 > 農林業 > 農林業の制度・手続 > 伐採及び伐採後の造林届出書について

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

伐採及び伐採後の造林届出書について

平成30年4月1日より届出書の様式が変更になりました

平成29年4月1日より、森林法等の一部を改正する法律が施行されたことに伴い、福島市では平成30年4月1日から「伐採及び伐採後の造林届出書」の様式を変更します。また、森林を伐採後30日以内に「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」の提出が義務付けられています。

下記の林野庁ホームページをご参考ください。

伐採および伐採後の造林の届出等の制度(外部サイトへリンク)

 

森林を伐採するには、「伐採及び伐採後の造林届出書」の提出が必要です

森林は、国土の保全、水源のかん養、地球温暖化の防止等の多面的機能を有しており、森林を無秩序に伐採することで森林の多面的機能が損なわれ、地すべり等の災害が発生する恐れがあります。

森林法では、森林を伐採する場合、「伐採及び伐採後の造林届出書」の提出を義務付けています。

 

届出が必要な森林について(5条森林)

森林法第5条の規定に基づく地域森林計画に対象となっている民有林において、届出書の提出が義務付けられています。

福島市の民有林は全域が阿武隈地域森林計画の対象となっていますので、福島県森林計画課のホームページ(外部サイトへリンク)をご参考ください。地域森林計画対象民有林の位置については農林整備課の窓口にて確認することができます。その際は伐採する場所が分かる地図等をご持参ください。また下記のサイトでも福島県内の民有林の大まかな位置を確認できます。

ふくしま森まっぷ(外部サイトへリンク)

開発を伴う場合

伐採する森林で開発行為(樹木の除根、土地の形質の変更等)をする場合、下記により開発行為の許可もしくは届出が必要になります。

届出せずに伐採すると・・・

届出書を提出せずに森林を伐採してしまった場合、森林法第207条の規定により100万円以下の罰金等に処せられる場合がありますのでご注意ください。

届出書及び添付書類(平成30年4月1日更新)

☆注意☆届出書は伐採する30日前までに提出してください。

添付書類

届出される場合は下記書類の添付をお願いします。また追加で資料の添付をお願いする場合がありますので、提出される際は農林整備課までお問い合わせください。

  1. 位置図(縮尺1:25,000若しくは1:50,000)
  2. 案内図(縮尺1:1,500若しくは1:3,000)
  3. 現況写真(全体及び伐採の区域が分かるもの)
  4. 全部事項証明書(土地1筆毎、写しでも可)
  5. 公図(写しでも可)
  6. 土地求積図(小規模林地開発、高圧送電線下地伐採の場合に提出)

参考:森林法

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

農政部農林整備課林務係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3729

ファックス:024-533-2725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?