ホーム > 観光・文化・スポーツ > オリンピック・パラリンピックに向けた福島市の取り組み > イベント情報 > 「ふくしま復興支援コンサート・スイス国と共に」を開催しました!

ここから本文です。

更新日:2019年8月1日

「ふくしま復興支援コンサート・スイス国と共に」を開催しました!

東日本大震災以降、福島の復興を願ってスイスで活動をされている合唱団や音楽家の方々が来日し、国内音楽家や福島市内の学生たちと合同でコンサートを開催しました。

当日は約750名のお客様に来場いただき、盛大なコンサートとなりました。

コンサート概要

  • 名称:ふくしま復興支援コンサート・スイス国と共に
  • 日時:令和元年7月21日(日曜日)午後2時から午後4時40分まで(開場は午後1時から)
  • 場所:ふくしん夢の音楽堂(福島市音楽堂)福島市入江町1番1号(電話番号:024-531-6221)
  • 出演者や演目については、プログラム(PDF:1,326KB)をご覧ください。

当日のようす(主な演目)

モーツアルト「ピアノ協奏曲20番ニ短調KV466(第1,2楽章)

コンサートのようす2

「花は咲く」客席の皆さんと一緒に歌いました。

コンサートのようす3

G.F.ヘンデル「デッティンゲン・テ・デウムHWV283」

コンサートのようす4

フィナーレには、出演者約190名が登壇しました。

コンサートのようす1

スイス在住のかたとの交流行事

7月19日に、リハーサルの合間に、福島市内の果樹園で桃狩りを体験しました。

採れたての桃を美味しくいただきました。

桃狩りのようす1

桃狩りのようす2

桃狩りの集合写真

ホストタウンとは?

1.ホストタウンって何

東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催により、多くの国の選手や観客が日本に来訪します。これを契機として、大会参加国や地域とスポーツや文化面などでの相互交流を行い、スポーツの振興や教育・文化の向上、共生社会の実現、地域活性化などを目的に国から登録を受けた地方公共団体を「ホストタウン」と言います。

福島市は、平成28年12月9日にスイスを交流相手国とするホストタウンの登録を受けました。

2.福島市とスイスのつながり

東日本大震災や原子力災害からの復興に取り組む中で、スイスの協力によって「スカイスポーツ国際交流フェスティバル(平成26年5月)」や音楽の祭典「ルツェルン・フェスティバル・アーク・ノヴァ2015in福島(平成27年10月~11月)」が本市で開催されました。

こうしたことが縁となって、ホストタウン登録に至りました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

政策調整部東京オリンピック・パラリンピック競技大会福島市推進室

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-563-5660

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?