ホーム > 観光・文化・スポーツ > オリンピック・パラリンピックに向けた福島市の取り組み > イベント情報 > フェアリージャパン(新体操日本代表)合宿が開催されました!

ここから本文です。

更新日:2019年5月22日

フェアリージャパン(新体操日本代表)合宿が開催されました!

「フェアリージャパンPOLA」の愛称で親しまれている新体操日本代表が福島市で合宿を行いました。
合宿中の練習、演技披露は一般公開(無料)し、東京2020大会でも活躍が期待されるフェアリージャパンの演技を間近で見られるチャンスとあって、たくさんの方にご来場いただきました。

新体操とは

手具(ロープ・フープ・ボール・クラブ・リボン)を使いながら音楽に合わせてリズミカルな演技を行い、芸術性を競う芸術競技です。身体と手具が一体化するような、しなやかで洗練された美しい動きと、曲の雰囲気に溶け込むような演技が魅力です。躍動感あふれるダイナミックな動きの中に、頭からつま先まで全神経を集中させてバランスを保つ繊細さを兼ね備えています。

合宿スケジュール

  • 期間:令和元年5月17日(金曜日)から5月19日(日曜日)まで
  • 会場:福島市国体記念体育館(福島市仁井田字西下川原41の1)
  • 参加者:新体操日本代表17名(選手13名スタッフ4名)

合同練習風景

  5月17日は仙台大学新体操部(宮城県柴田町)と、18日は仙台大学新体操部と福島新体操クラブ、ホワイトキューブ新体操教室(宮城県白石市)と合同練習を行いました。合同練習中も一般公開を行い、2日間で約300名が来場しました。

国体記念体育館アリーナで行った合同練習風景 真剣に練習に取り組む日本代表

福島市長、白石市長が日本代表を激励

 5月18日には、福島市長と白石市長が日本代表選手の皆さんを激励しました。福島市長からは福島市産サクランボを、白石市長からは白石市産イチゴを贈呈しました。

福島市長、白石市長、日本代表の集合写真

公開演技披露

 合宿最終日の5月19日は、公開演技を行いました。世界トップレベルの演技を間近で見られる貴重なチャンスとあって約1,300名が来場し、日本代表選手の華麗な演技に大きな拍手がわき起こっていました。仙台大学新体操部と福島新体操クラブ、ホワイトキューブ新体操教室のメンバーも演技を披露しました。

フェアリージャパンPOLA ボール競技

日本代表サブメンバー演技披露1(ボール) 日本代表サブメンバー演技披露2(ボール)

日本代表演技披露1(ボール) 日本代表演技披露2(ボール)

フェアリージャパンPOLA クラブ・フープ競技

日本代表演技披露1(クラブ・フープ) 日本代表演技披露2(クラブ・フープ)

新体操に注目! 

 「フェアリージャパンPOLA」の愛称で親しまれている新体操日本代表は、リオデジャネイロ2016大会の団体総合では「リボン4本投げ」の大技に挑み、予選で見事に成功して観客を大いに沸かせ、8位入賞となりました。

 華麗な演技で来場者を魅了してくださった選手たちに注目です!東京2020大会での更なる活躍を応援しましょう!

フェアリージャパン集合写真

このページに関するお問い合わせ先

政策調整部東京オリンピック・パラリンピック競技大会福島市推進室

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-563-5660

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?